原日出子の生い立ちと家族構成は?家族の画像とエピソードを交えて紹介!

Sponsored Links








こんにちは!

今回は、原日出子さんの生い立ちや出身校とご家族についてお伝えいたします。

原さんのご家族ってステキなご家族でした♪

仲良し夫婦の秘訣もお伝えしていますので、ご参考にされてくださいね。

目次

原日出子の生い立ちと出身校

ご自宅で産まれた原さんだそうですが、子供の頃から霊感が強く視え、気で他人の身体の痛みを治す事ができるとか。

そんな原さんはどんな生い立ちなのでしょうか綴って参りますね♪

 

原日出子の幼児期~小学校時代

原日出子の出身小学校:小平第三小学校

悪さをするとお仕置きとして、手足を縛られ押し入れに入れられた原さん。

ご両親を心配させることが多く、毎日暗くなるまで遊んではしょっしゅう行方不明になったり、一人で遠くまで遊びに行ってしまったりと活発なお子さんだったようです。

警察に何度か保護されていたとか。

原さんの母校になる小学校は、「小平第三小学校」で、小学校時代の原さんは、男子と遊ぶ野が大好きで、やんちゃな遊びをしていたのか、生傷が絶えない女の子だったそう。

 

にわとちゃん

小学5年生から結婚するまで、東京都武蔵野市吉祥寺の成蹊大学の近くに住んでいたそうよ。

 

原日出子の中学校時代

 

原日出子の出身中学:武蔵野市立第四中学校

武蔵野市立第四中学校は原さんの母校になる中学校でして、ここでは剣道部に所属していて、寒稽古で、冬に粉雪が降る中を裸足でランニングしたり、男子先輩部員ケンカして退部させた思い出があるそうです。

 

にわとちゃん

ドラマ「おれは男だ! 」を観た先輩に誘われて剣道部に入ったそうよ

 

原日出子の高校時代

出典:みんなの高校情報

 

原日出子の出身高校:都立久留米西高校

都立久留米西高校の偏差値47(2020年12月執筆時・みんなの高校情報を参考)

都立久留米西高校時代に好きだった人は、同級生でバスケットボール部に所属していた内藤裕敬さん。

高校時代、生徒会役員をしたり、サッカー部のマネージャーをしたり、ギター部、演劇部、映画研究部に籍を置いていたりと大忙しで、文化祭で唐十郎「少女仮面」を上演し、他校から公演依頼が来る程の評判呼んだとか。

この他、ピンクレディーの振り付けを覚えて昼休みに披露して楽しんだり、ロックバンドでボーカルを担当するなど高校時代の青春を満喫していたよう♪

 

にわとちゃん

内藤さんと交際が出来たのかしら?

 

原日出子の学歴

原さんは、日本工学院専門学校芸術学部演劇科で演劇を学んでいたようですが、1年で中退劇団四季の研究生になっていますので、学歴は高卒になると思われます。

 

原日出子の家族

原さんは、新宿区柏木町の二間の借家に家族5人で住んでいたそうで、ご実家は裕福ではなかったようです。

原家のご家族の画像と交えてお伝えしています。

 

原日出子実家の家族

原日出子の父親

出典:原日出子Instagram

↑この画像は、「原父」と「原家の長女」と原さんが写っているようです。

 

原さんのお父さんは、当時不動産会社勤務していたそうです。

お父さんの仕事の都合で、小平、荻窪、吉祥寺と移り住んだとのこと。

 

原日出子の母親

出典:原日出子Instagram

 

原さんのお母さんは、霊感があるそうで、原さんの霊感はお母さん譲りだとか。

原さんの幼い時に、銭湯代の8円を欲しいと言ったら、お母さんが泣き出したことで、原さんは家が裕福でないと悟り、それ以降おねだりはしなくなったそうです。

甲斐甲斐しく子供の世話をしたりしていたお母さんは90歳で他界。

 

にわとちゃん

お母さんは助産師免許を持っていた看護師だったんだって。

 

原日出子の母の韓国人説

Yahoo!の知恵袋に

原日出子は韓国人なんでしょうか?
韓国人を見てお母さんを思い出すそうです。韓国人のおばあちゃんを見て、自分の家族を思い出すことなんてないけどなぁ〜。
引用元:Yahoo!知恵袋

NHK大阪-KBS釜山の放送協力30年を記念して、昨年12月2日に関西エリアで放映されたNHKBSプレミアムで「プサンすてき出会い旅」という番組を観て頂くと、Yahoo!の知恵袋に書いてある「韓国人を見てお母さんを思い出す」の意味が解せるかと思いました。

どうも、他界されたお母さんとお世話をしてくれた韓国人女性を重ねたようです。

YouTubeを探すとございまして、41:17~当たりからご覧頂くと、原さんが言っていた意味がお分かりになると思います。

私が拝見して、思ったことは原さんのお母さんは韓国人ではないと思いました。

食べ物の世話をしている韓国女性を当たりにし、そのことで原さんの亡き母とその女性が重なった「ただ」それだけのことだと思いました。

後、原さんを調べても「韓国人」ではないようですので、原さんの母親は韓国人ではなく、日本人だと思いました。

 

原日出子の兄弟は姉と弟の3人兄弟

出典:原日出子Instagram

↑この画像は、お母さんと原さんと弟さんのようです。

原さんは3人兄弟で、「7歳年上の姉」と「4歳年下の弟」がいました。

お姉さんと弟は 喘息持ちたったと云われています。

 

にわとちゃん

お姉さんは18歳のお歳で他界したそうです。

 

原日出子初婚後の家族

出典:原日出子Instagram

↑この画像は、1981に疱瘡されたNHK連続テレビ小説「本日も晴天なり」の画像のようで、当時の原さんの年齢は22~23歳くらいかと思います。

 

原日出子さんは、1983年の当時23歳の時に高校の同級生の一般男性と結婚。

それはデキ婚で、決まっていた多くの仕事をドタキャンしての結婚だったようです。

当時の原さんの心境は芸能界に戻るつもりはなく、結婚した年に長女を出産し、その後も家事と育児に専念したのですが、結婚生活は約4年で破綻し、1987年離婚してしまいました。

離婚の理由は「無理に相手にあわせようとしすぎて失敗した」とのこと。

 

原さんの23歳頃の画像等は こちら でもご覧いただけます。

 

原日出子再婚後の家族

原日出子Instagram

原家は、毎年夏に家族旅行に行くそうで、その時は数家族合同でプチホテルを貸し切りにしているとか♪

楽しそうな原さんのご家族についてお伝えいたしますね。

ステキなご家族ですよ♡

 

原日出子再婚後の家族構成

原さんの再婚後は、夫・原さん・長女・次女・長男の構成で5人家族のようです。

 

原日出子の再婚相手は渡辺裕之

出典:原日出子Instagram

 

原さんの再婚相手は、俳優の渡辺裕之さんで、1993年に入籍をし、1994年にハワイのキャルバリー教会で挙式したそうです。

交際から約3年半で結婚したと云われています。

 

原日出子の夫・渡辺裕之のプロフィール

本名:渡邊 裕之(わたなべ ひろゆき)

生年月日:1955年12月9日
年齢:65歳(2020年12月の執筆時)

出生地:茨城県水戸市

身長:176 cm(178㎝と云う説もある)

血液型:B型

活動期間 1980年-

 

渡辺裕之さんと云えば、大正製薬リポビタンDのCMで、「ファイトー!」「イッパーツ!」ではないでしょうか。

このキャッチフレーズは大当たりとなり、同商品の200億本販売原動力になったそうで、リポビタンDは大正製薬ホールディングスの売上高の2割を占めるとか。

参考:Wikipedia

 

にわとちゃん

渡辺さんの水戸のご実家は、東日本大震災で建物の3分の1が倒壊する被害を受けたそう。

 

原日出子と渡辺裕之の出会い~結婚まで

原補で子さんが渡辺裕之さんと入籍をしたのは1993年で結婚は1994年。

当時、原さんは35歳で、渡辺さんは39歳の4歳年上。

出会いのきっかけは、1990年にテレビ東京で放送された「月曜・女のサスペンス 列島縦断事件シリーズ」の「列島縦断事件シリーズ(第2期)」・「倉敷発夜行殺人列車」での共演でした。

原日出子さんは、渡辺裕之さんから嫌われていると思っていたことがあり、渡辺さんの第一印象はとても悪かったそうです。

印象が悪かった渡辺さんと交際に発展したのは、新幹線で移動中に渡辺さんが原さんに猛アタックをし、交際を経て結婚に至ったのでした。

 

今では、「芸能界きってのおしどり夫婦」と云われるほどの大の仲良し夫婦となりましたが、浮気に関して「私はカンが良いから浮気する時はバレると覚悟してからしてね」と言い、私は他の人より許容量はあると思うけど限界と思ったら去ります」と釘を差しているとか。ふふふ(˘艸˘)

 

原日出子と渡辺裕之夫婦のラブラブ♡まとめ

■毎日の挨拶でキスやハグをする。
この挨拶は人前でもカチ構わないでするそう。

■「ありがとう」「ごめんなさい」を言う

■一緒にお風呂に入る
髪の毛を洗ってもらう

 

にわとちゃん

ラブラブ♡まとめを読むと「ハァ~ン」って感じ♡

うさちゃん

にわとちゃんったら、何言ってんだか・・・(๏‿๏ ◝)

 

原日出子と渡辺裕之の生活費の分担

 

原さんご夫婦は、生活費の分担をしてるようで、家のローン・嗅ぐ・旅行などの金額が大きいことに関しては渡辺さんが担当し、食費や衣類などの日常生活品は原さんの担当だそうです。

 

原日出子と渡辺裕之の夫婦円満の秘訣

結婚前から胃袋をつかまれていた」と語っている渡辺裕之さんですが、大切なのは「常に感謝をすること」だそうで、原さん曰く、「(渡辺さんは)ありがとうごめんなさい」を素直に言える人だと話しています。

結婚からケンカはしていないようですよ。

 

にわとちゃん

ステキなご夫婦~♪

うさちゃん

結婚したくなるわーん♪

 

原日出子と渡辺裕之の子供は3人

出典:原日出子Instagram

 

原さんの子育ては、3人とも完全母乳で、お小遣いは中学を卒業するまで「申告制」にしていたそうです。

原さんが必要だと判断したモノに対しては、お小遣い意外のお金を与えていたとのこと。

どんなお子様なのでしょうね。

 

原日出子と渡辺裕之の子供:長女の真美さん(一般人)

原さんのご長女の真美さんは、1983年に誕生で出産までに17時間かかった難産だったそうで、原さんとご長女の真美さんは、何でも相談し合う仲だとか。

2010年に結婚(2012年説もある)にご結婚され、原夫婦の家の斜め向かいに住んで、毎日の様に孫を連れて遊びに来ているそうですよ♪

 

真美さんは、原さんの初婚の時のお子さんで、連れ子になりますが、渡辺さんは我が子のように、分け隔てなく接していると言われていまして、長女がご結婚される時に渡辺さんが長女を思っていることが解る逸話があるので、お伝えいたしますね。

にわとちゃん

真美さんの結婚相手が、結婚のあいさつに家に来た時に、娘をとられてしまう悔しさと嫉妬から、怖がらせるためわざと怖い顔をしてた渡辺さんですが、何も考えていなくて、最終的には「よろしくお願いします」としか言えなかったんだって!

うさちゃん

その後、真美さんが結婚したことで、かなり落ち込んでいた渡辺さんらしく、原さんが心配したとかしないとか(笑)。

 

原日出子と渡辺裕之の子供:次女・渡辺磨裕美(わたなべまゆみ)

原さんご夫婦の次女に当る渡辺磨裕美さんは、1994年7月1日生まれ歌手志望だそうです。

次女の磨裕美さんは、高校生の時には英語ミュージカル劇の部活に入っていて、現在はミュージカル俳優でご活躍中だそうですよ。

 

原日出子と渡辺裕之の子供:長男・渡辺貴裕(わたなべたかひろ)

長男の渡辺貴裕さんは、1996年12月12日のご誕生で俳優でご活躍をされているようです。

長男の渡辺貴裕さんも、子供の頃から俳優を目指していて、高校1年生のときにご両親に内緒で芸能事務所に所属したとか。

ドラマ『幽かな彼女』で盛岡大樹役でレギュラー出演したそうですよ。

 

にわとちゃん

身長は176㎝でイケメン!

うさちゃん

渡辺貴裕さんが生まれた時に、長女の真美さんがへその緒を切ってくれたそうです。

 

原日出子と渡辺裕之の孫は現在3人

出典:原日出子Instagram

 

原さんと渡辺さんご夫婦のお孫さんは現在(2020年12月時点)は3人いるそうで、毎日のように原さん夫婦の家に来ているそうです。

お孫さんは、渡辺さんを「じんじ」、原さんを「のんちゃん」と呼ばせているとか♪

 

にわとちゃん

原日出子さんの本名である法子の「のんちゃん」ね!

 

原日出子の住まい

ブラザー・トムさんが向かいに住んでいると云われていて、ゴージャスなレンガ張りの一軒家が原日出子さんと渡辺裕之さんの家になるようです。

原さんと渡辺さんの住まいは、神奈川県横浜市都筑区で1997年に落成とのこと。

画像は こちら から・・ステキな豪邸ですよ♡

 

この住まいで、近所づきあいを大切にしているそうで、頻繁にホームパーティーを開催!

ご近所の人が勝手に家に入ってくるようなフランクな原家で、食座の貸し借りなどもしているそうです。

 

にわとちゃん

多いときはメンバーが50人以上になるとも!

うさちゃん

ホームパーティーで先に寝たら最悪で、寝た人の顔や背中にイタズラ書きをされるんだとか・・・チーン(笑)

 

原日出子と家族ぐるみの付き合いをしている有名人

伊藤かずえ

原家と伊藤かずえさんは、家族ぐるみのお付き合いをされているそうで、家族旅行を一緒にしたりするそうです。

後、伊藤さんは原さんの飲み友達でもあるとか!

 

伊藤かずえのプロフィール

本名:伊藤 和枝
別名義:神奈 かずえ

生年月日:1966年12月7日
年齢:54歳(2020年12月の執筆時)

出生地:神奈川県横浜市

身長:168 cm

血液型:A型

活動期間:1972年 –

配偶者:NATCHIN(1999年 – 2013年)

 

紺野美沙子

原家と紺野美沙子さんはご近所と云うこともあり、家族ぐるみのお付き合いをしているそうです。

 

紺野美沙子のプロフィール

生年月日:1960年9月8日
年齢:60歳(2020年12月の執筆時)

出生地:東京都狛江市

身長:167 cm

血液型 :A型

活動期間:1976年ー

配偶者:篠田伸二(1992年 ‐ )

 

原日出子の病気

出典:原日出子Instagram

 

原日出子さんを検索すると「病気」のキーワードを見つけまして、調べてみると、どうやら更年期障害で苦しまれたようでした。

原さんが苦しんだ更年期障害は、2004年の44歳から始まり、約8年間続いたそうで、彼女の場合「一人チベット状態」とまで言われるほどにヘモグロビンが減って酸欠状態になっていたそうです。

始まりは2004年の44歳頃からで、始まりからの3年間は家族の前では元気に振る舞い、更年期障害の症状を悟られ内容にしてたそうですが、症状が悪化していき、奈美悦子に相談したことをきっかけに、家族に打ち明けると同時にようやく治療を開始。

原さんの更年期障害を知った渡辺さんは、「何でも手伝う」と言って、ゴミ捨てや洗い物を仕事の合間にしてくれていたそうですが、それらをする時は、原さんが見てないところで行っていていたそうです。

それは、原さんに対しての配慮や心遣いだったとのこと。

近くに住んでいる長女も食事などを作ってくて助けてくれ、そんな家族に助けられ立ち直った腹さんだそう。

原さん曰く、「一番大きな支えとなったのは、やはり家族の支えですね」。

一部参考元:ぐっすり

 

原日出子の芸名の由来とプロフィールや経歴

原日出子の芸名の由来

母親の連れ子になるお姉さんの苗字の「原」と、原日出子さんの過去の作品の映画「夕焼けマイウェイ」の原作者である加藤日出男さんの「日出」をもらって「日出子」にしたと云われています。

 

原日出子のプロフィール

 

旧姓本名:立岡法子
本名:渡辺 法子(わたなべ のりこ)

出身地:東京都新宿区柏木町

生年月日:1959年11月10日
年齢:61歳(2020年12月の執筆時)

身長:156㎝

血液型:O型

所属事務所:ユニコン

 

原日出子の経歴


劇団四季の研究生として女優デビューし、多数の映画やテレビドラマのオーディションを受ける

1979年:映画『夕焼けのマイウェイ』で映画の初出演を果たす

1980年:ポーラテレビ小説『元気です!』でヒロイン役である宮崎美子のライバルの役で出演

1981年:NHK連続テレビ小説『本日も晴天なり』のヒロイン役でブレイク

現在もご活躍中

プロフィールと経歴の参考元:Wikipedia

 

大河ドラマ「青天を衝け」女性キャスト 生い立ち 家族 関連記事

和久井映見

村川絵梨

成海璃子

橋本愛

木村佳乃

上白石萌音

川栄李奈

朝加真由美

美村里江

手塚理美

 

おわりに

今回は、原日出子さんの生い立ちや出身校とご家族について紹介をしました。

私が、原日出子さんのお名前をちゃんと言えるようになったのはつい最近で、それまでは「はらひので こ」(꒪ȏ꒪)とか、「はらにち でこ」(+д+)とかデタラメで、何故か分らないけどお名前をちゃんと言えなかったのです。

今は、やっと「はら ひでこ」さんとお呼び出来るようになりました(笑)

私のような方はいらっしゃるかしら?

お付き合いを頂きまして、ありがとうございます。

原日出子のInstagram

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あんび

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。