石田ゆり子の生い立ちや家族構成は?出身校とエピソードを交えて紹介!

Sponsored Links








んにちは!

今回は、柔らかそうな見た目と反対な凛として強い石田ゆり子さんの生い立ちや出身校と家族やその構成などを紹介いたします。

その他では、石田さんの住まいについても紹介していますので、最後までお付き合いくださいませ♪

 

石田ゆり子の生い立ちと出身校

石田さんの小学校時代~中学校は、父親の転勤が多く、15歳の時に東京に戻っても都内での引越しを3度ほど繰り返したようです。

そんな石田さんの生い立ちを調べてみました。

幼少期と小学時代

出身は東京都ですが、生まれた場所は愛知県名古屋市の石田さん。

石田さん曰く、「一人でいることを満喫できる子供」で、一人で絵を描いたり読書したりしているのが好きで、人と一緒にいることを好まなかったとか。

大人しいお子さんで、この頃から家族に対して丁寧な言葉使いで話しをするようになりましたが、妹のひかりさんとはしょっちゅうケンカをしていたそうです。

門限は19時で、習い事はピアノと水泳をしていたと云われています。

 

1976年に東京都の小学校に入学をしましたが、父親の転勤で小学生の時に、小学6年の時の台北日本人学校を含め4回に転校を繰り返したとのこと。

 

にわとりちゃん

子供の頃になりたかったのは「レジスター」だったんだって(笑)

モーモー

でんぐり返しをすると次の日になると思っていたとか(笑)

 

石田ゆり子と水泳

石田ゆり子Instagram

 

石田ゆり子さんの水泳歴は9歳から17歳までで、きっかけは幼稚園から通っていた妹のひかりさんの影響を受けて習い始めたとか。

当時の石田さんは25メートル泳げなかったそうで、水泳を習い始めて1年後に神奈川県の代表になり、ジュニアオリンピックに出場して平泳ぎ部門の8位に入賞した頑張り屋さん。

 

石田さんは台湾へ引越しした後も水泳を続け、台湾のナショナルチームに姉妹で所属

学校とプールの往復の日々で、学校から帰宅して、ササッと軽くお腹を満たした後、プールに行って10kmくらい泳ぐ生活だったようで、「つらいね、休みたいね。でも今日休んだら、明日もっとつらくなる。やっぱり今日行くしかないんだよね。」と言ってプールに通っていたそうです。

泳ぎは毎日だったそうで、最低5000mで大会前は1万mも泳いでいたと云われています。

 

同じスイミングクラブの大学生に真剣にプロポーズされたエピソードがあるそうです(笑)

中学3年の石田さんと大学生・・・中学3年では早すぎますね!!

 

この頃になりたいと思っていた職業は、「ピアノ教師」・「童話作家」・「水泳のインストラクター」だったそうですよ。

 

にわとりちゃん

ロスサンゼルスオリンピックの強化選手になるかならないかっだったとか!

モーモー

周りの期待に対するプレッシャーが辛かったそうで、水泳選手になりたいとは思っていなかったそう。

にわとりちゃん

妹さんのひかりさん曰く、「たとえ熱で学校は休んでも、水泳には行くように促す両親だった」と。

モーモー

ご両親は水泳をやめることは許さなかったとも云われているわ

 

中学時代~石田ゆり子は台湾の帰国子女~

石田ゆり子Instagram

 

石田さんは、台北日本人学校へ1982年に入学しましたが、この中学を卒業する前(1985年中)に帰国しているそうです。

このことはトーク番組で、中学を卒業する前に帰国したために、制作に参加した卒業アルバムを買えなかったと話しをしていたことから卒業する前に帰国したと云われています。

この学校は小さいそうで、1クラスは18人で2クラスしかなかったとか。

 

にわとりちゃん

台湾の住まいはマンションで、妹のひかりさんがローラースケートで移動するぐらい広かったんだって!

 

高校時代と偏差値

石田ゆり子が入学した高校は「東京都立桜町高等学校」で、卒業した高校は「東京都立青山高等学校」

1985年「東京都立桜町高等学校」全日制・普通科/偏差値50に入学

東京都立青山高等学校・普通科・定時制に転校し卒業

※執筆時の偏差値
※東京都立青山高等学校は2008年3月定時制を閉課したそうです

 

石田さんの高校1年の時に自由が丘の老舗の和菓子屋の前でスカウトされたと云われていて、その時の姿はTシャツとショートパンツだったとか。

そんな普通の格好でもスカウトされた石田さんの美貌は輝いていたのでしょう。

スカウトした事務所は「ボックスコーポレーション」で、この数日後に妹の石田ひかりさんが同じボックスコーポレーションのスカウトマンからスカウトされたというミラクルが・・・。

ミラクルを起こしたこのスカウトマンは石田ゆり子さんの妹とは全く知らなかったそうです。

 

その当時の父親は単身赴任中でしたが、大反対をしていたそうです。

ですが、事務所に行って説明を聞いてた後、娘たちの芸能界入りを許可したと言われています。

 

1987年の全日空の沖縄キャンペーンガールでデビューを飾った石田さんでした。

 

にわとりちゃん

後に「父親の言うことを聞かないで良かった。」って言っていた石田さんだそうよ♪

 

石田ゆり子が芸能界に入った理由

 

石田さんが芸能界に入ったきっかけはスカウトですが、芸能界に入った理由が「真田広之」さんと結婚するためだったそうです(笑)

その当時の事務所の関係者と石田さんとやり取りで、真田さんに絶対合わせてくれる約束をしたとか。

当時の石田さんは、映画『里見八犬伝』で親兵衛役をした真田広之さんが好きで、どうしても会いたい気持ちが強かったみたいで、彼と結婚すると思い込んでいたと当時の気持ちを雑誌の取材で明かしていました。

 

大学時代と偏差値

出典:みんなの大学情報

 

石田ゆり子さんは、女子栄養大学短期大学部の夜学二部に入学して、芸能界仕事を休むことなく、2年で卒業しているようです。

学業と仕事で、単位を取るのは大変だったと想像が出来ます。

頑張り屋な石田さんですね。

 

女子栄養大学短期大学部の偏差値

執筆時の偏差値で42.5 – 55.0

※栄養学部二部は募集停止になっていました。

 

石田ゆり子の最終学歴は短大卒

石田さんは、女子栄養大学短期大学部・二部・食物栄養学科に入学をして、卒業していますので、最終学歴は短大卒になるようです。

 

くまこちゃん

次からのページは、石田ゆり子さんの「実家家族やエピソード」→「住まい」→「プロフィールと親友」などを紹介しています♪

 

 

石田ゆり子の過去の作品や話題の作品を観るなら、U-NEXTの無料トライアルで!!

 

登録も解約も超簡単!

 

ちゃちゃと登録して、31日間で観たいあれこれを観ちゃって解約してもOK!

詳しくは ↓ で確認してね♪

 

ドラマ観るなら<U-NEXT>

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。