宮浦健人の出身校は?エピソードを交えて紹介!家族構成とプロフィールも!

Sponsored Links








こんにちは!

今回は、早稲田のエースだった宮浦健人選手の出身校を調べ、エピソードを交えて紹介しています。

その他には、家族構成も♪

 

2021バレーボール男子日本代表紅白試合」のチケットが取れなくて(T_T)

フジの動画配信でFODで応援しちゃおう♪

 

フジのFODの魅力は4つ

1:バレーボールが観られる

2:登録も解約もパパッと簡単&シンプル

3:無料トライアル期間は約1ヶ月

4:動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる!

 

詳しくは ↓ で確認してね٩(ˊᗜˋ*)و



宮浦健人の出身校とエピソード

画像出典:宮浦健人Twitter

 

宮浦健人の小学時代

宮浦健人の小学時代のエピソード

宮浦選手がバレーを始めたのが、小学2年(8歳)の時からで、両親や兄の影響で「何となく」始めたが、スパイクを打つと家族から「風船アタック」と揶揄されるくらい上手とは云えなかったそう。

後輩がユニフォームをもらっても、宮浦選手にはもえないないくらいうまくなかったとか。

そんなこんなで小学4年の時は、サッカーに興味を持ち、サッカーチームとバレーボールの2つを掛け持ちしていた少年だったそうです。

バレーボールのポジションはずっと後衛でスパイクを打ったことがなかった小学校時代。

小学6年生の時に父親の恩師・鎮西高校の畑野久雄監督からバレー部の誘いを受け、見学をした後に鎮西中学校のに行くことに決めたそうです。

 

ぱんちゃん

バレーボールよりサッカーの方に興味があったそうよ♪

名モーモ

当時の監督は、宮浦選手に「お前はエースではない」と言っていたとか。

 

宮浦健人の中学時代

宮浦健人の出身中学校:鎮西(ちんぜい)中学校

 

宮浦健人の中学時代のエピソード

当時のバレーボール部は宮浦選手を含め2人。

そんなバレーボール部でも、しっかりと練習をし、決してさぼることはしなかったまじめな宮浦選手だったようです。

 

ぱんちゃん

電車で片道約1時間半かかるから、朝は6時台に家を出ていたんだって!!

名モーモ

帰宅するのは夜の10時頃だったとか

 

宮浦健人の高校時代

宮浦健人の出身高校:鎮西高校

偏差値38 – 51

 

宮浦選手が鎮西高校を選んだ理由は、鎮西高校が活躍するバレーボールを観て憧れがあったからだそう。

高校時代に得意だった科目は社会で、苦手だった科目は数学。

頭の中でする計算が苦手なんだそうです。

 

宮浦健人の高校時代の時系列エピソード

宮浦健人高校1年:スタメンで試合に出場するが、腰椎分離症になってしまい、部活はお休みすることに。

腰部の繰り返しのスポーツ動作によるストレスで起こる関節突起間部の疲労骨折。引用元:zamst

宮浦健人高校2年:エースを任され悩むことが続き「もう辞めたい」と口に出して泣いてしまうほど追い込まれていたが、練習を重ねて春高で準優勝を勝ち取った宮浦選手。

宮浦健人高校3年:キャプテンを任されたが、熊本地震が4月14日午後9時26分発生

熊本地震は、学校の体育館や校舎までも破壊してしまったそうです。

宮浦選手たちは、地震が起きてから1か月後十分な環境ではなかったけどなんとか練習を開始したとか。

地震で破壊された体育館は使えないので、校内の運動場で作ったコートで練習したり、福岡県や佐賀県の体育館を借りて練習をしていたそうですが、高校最後の春高は残念な結果で終わってしまったようです。

 

ぱんちゃん

宮浦選手が、バレーボールを面白いと思ったのは高校時代からなんだって♪

名モーモ

すごいスパイクを打つわよね~。

ドスコーン!!って感じのスパイクで迫力があるのよぉ♡

 

宮浦健人の大学時代

 

宮浦健人の出身大学:早稲田大学(スポーツ科学部)

偏差値62.5 – 70.0(2021年5月3日時点みんなの大学情報を参考)

 

宮浦健人が早稲田大学を選んだ理由

早稲田に高校の時の先輩が2人いたことと、松井泰二監督から誘いを受けたから早稲田に進学したんだとか。

他の選択肢としては、日体や東海が脳裏に浮かんだようですが、厳しいイメージがあったそうで、早稲田がご自身にマッチしていると感じたそうです。

因みに、慶應からは声が掛からなかったとのこと。

 

宮浦健人の大学時代の時系列エピソード

大学時代は、『早稲田のエース』『大学ナンバーワンオポジット』と云われていた宮浦選手ですが、宮浦選手の大学1年~4年までをちらっと追ってみました。

 

宮浦健人の大学1年:メンバーの一人としてプレーする大切さを学んでいたとのこと。

宮浦健人の大学2年:バレーボーラーとして体を大きくする必要性を感じ、また、シニア代表に選出されたいと思いが芽生え始めたので、ウエイトトレーニングなどの体作りや自分に足りない武器を考え、実行に移していた宮浦選手でした。

宮浦健人の大学3年:自分に足りない武器は「サーブ」だと思い、ジャンプサーブに変えた宮浦選手。

宮浦健人の大学4年:キャプテンになった宮浦選手は、全日本バレーボール大学選手権大会(通称全日本インカレ)で優勝を飾ったのでした♪

 

ぱんちゃん

トレーニングで体重が10㎏増えたとか。

名モーモ

宮浦選手のフォームって「キレイだな~」って思っちゃう♪

 

宮浦健人の学歴

早稲田大学を卒業してTEKT-STINGSに入団していることから、最終学歴は大卒になります。

 

 

「宮浦健人の出身校とエピソード」参考元:早稲田スポーツ新聞会4years熊本日日新聞社ジェイテクトSTINGS慶應スポーツ新聞会鎮西高等学校【公式】YouTube早稲田スポーツ新聞会

 

くまこちゃん

次のページからは、「宮浦選手と西田選手について」・「宮浦選手のご家族」と宮浦選手のプロフィールをお伝えしています♪

 

 

男子バレーボールを観るならフジテレビ!!」と思いませんか?

きれいな画像でしっかり配信!」の嬉しい動画サービス♡

男子バレーボールを観るならFOD



フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】でバレーボール観ちゃおう♪

詳しくは ↑で 確認してね!

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。