篠原涼子の生い立ちと家族構成は?出身校とエピソードを交えて紹介!

Sponsored Links








 

篠原涼子の家族

 

篠原涼子の実家家族

実家

実家は群馬県桐生市広沢町と云われています。

 

実家の家族構成

父・母・兄・姉・涼子の構成で5人家族でしたが、篠原さんが5歳の時に母親が他界し4人家族になりました。

その後、篠原さんが小学6年生の時に父親が再婚したため5人家族になったようです。

 

実家家族

父: 篠原勝雄 1939年生まれ

父親の仕事は元コックさんだったそうで、篠原さんはお父さん似料理を教わったそうです。

コックを辞めたお父さんのお仕事は、寝具のセールスマンしていた説と、飲食店を経営していた説がありますが、飲食店経営は継母がしていたとも云われています

 

パチンコが好きだったお父さんは、篠原さんの大ヒット曲『愛しさとせつなさと心強さと』が店で流れると、店中のお客さんにジュースをご馳走したという微笑ましい逸話がありました♪

お父さんは、中森明菜さんに憧れ芸能界入りを目指していた篠原さんを応援し、協力をしていたようで、洋服のチェックから履歴書の作成などのサポートをしてくれていたとか。

また、お父さんは躾もきっちりしたそうで、篠原さんはお父さんを尊敬していたとのこと。

尊敬していたお父さんは、71歳の時に他界

糖尿病が悪化し、肝臓疾患を患って長く闘病されていたとか。

 

うさちゃん

篠原さんの結婚式を見届けた3日後に亡くなったそうよ(◞‸◟ㆀ)

 

母:1996年他界

篠原さんの2歳の時、母親が交通事故で他界。

 

継母

篠原さんの小6の時、父親が再婚

継母が経営するスナックで歌の練習をしていた云われています。

 

兄弟

6歳上のと3歳上の

6歳上の兄が、篠原さんの夫・市村さんのファン

 

祖母

父親も出稼ぎで家を留守することが多かったようで、祖母に預けられていた篠原さん。

小さい頃から料理の手伝いもしていたとか。

 

うさちゃん

お婆ちゃんが篠原さんのために作ったお弁当で、篠原さんの大好きな納豆をびっしり敷き詰めたことがあるとか。

ぱんちゃん

篠原さんは、お弁当のふたを開けた瞬間、即ふたを閉めたんだって(゜▼゜*)

理由は驚きすぎぃ~!!

納豆の匂いもフガフガしていたでしょうよ(笑)

 

篠原涼子の現在の家族

市村正親さんが、ベランダの家庭菜園でいろんな種類の野菜を種から栽培しているそうで、ホンワカとした幸せな生活を過ごしていることを想像した私でした。

篠原涼子さんで検索をすると「娘」のキーワードが出て来ましたが、篠原涼子さんのお子様は男の子です。
では、何故「娘」のキーワードが出てくるのかと調べましたら、2018年『人魚の眠る家』の娘役で共演した子役さんことでした。

 

家族構成

ご主人・篠原さん・第一子・第二子の4人の構成で4人家族。

 

家族

夫:市村正親

名前の読み:いちむら まさちか

生年月日:1949年1月28日

現在の歳:71歳(2020年2月時点)

篠原涼子との歳の差24歳の年齢差

身長:170㎝

血液型:A型

職業:俳優・声優

事務所:ホリプロ

離婚歴:あり

元妻:八重沢真美(やえざわ まみ)

元妻との結婚生活:1984年 – 2003年5月

元妻の職業:元バレエダンサーで、現在はミュージカル女優

年収:億と云われています。

 

篠原涼子と市村正親の子供

 

子供:息子2人(ご長男さんは市村正親さんにとてもよく似ていると云われています)

長男の生年月日:2008年5月10日

次男の生年月日:2012年2月22日

息子の学校:青山学院

長男:幼稚園で受験に失敗し、小学校受験で合格
次男:幼稚園受験で合格

青山学院に子供を通わせている有名人:阿部寛・井川遥・長谷川京子・市川海老蔵・大泉洋

 

篠原涼子と市村正親の馴れ初め~現在まで


篠原涼子さんが結婚(入籍)をしたのは、彼女が32歳の時でした。
ここでは、夫・市村正親さんとの馴れ初めkら現在までをザックリとお伝えします。

2001年・篠原涼子28歳:舞台「ハムレット」で共演をする

その舞台で市村正親さんと篠原涼子さんの距離が縮まり交際に至る

2003年:市村正親さんと元妻であった八重沢真美さんが離婚をする

2005年:篠原涼子さんと市村正親さんが結婚(入籍)

2008年・篠原涼子34歳:第一子誕生

2010年:結婚式を挙げる→3日後篠原涼子さんの父が他界する

2012年篠原涼子38歳・:第二子誕生→長男が青山学院幼稚園の受験に失敗

2014年:長男が青山学院初等部の受験に合格し入学をする
同年:市村正親が早期の胃がんであることを公表

手術後1ヶ月で復帰した

2015年:次男が青山学院幼稚園に入学

2018年:篠原涼子と市村正親の離婚の危機が報道される

双方の事務所がその報道を否定したため、離婚の危機はなさそうと思われた。

2020年:現時点では離婚はしていないが別居中と云われている

3月初頭から、篠原涼子が一人暮らしを始めた

別居の理由

「がんを患っていた人はコロナの重症化リスクが高いこともあり、市村さんの体調を気遣って篠原さんは別居を決断したそうです。また、舞台を中心に活動する市村さんの仕事がコロナで軒並みキャンセルに。時間の空いた市村さんが篠原さんに『俺が子どもを見るからドラマの撮影に集中しなさい』と後押ししたことも大きかったようです」
引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/ca94b5a233aefd2841df259f4acff96aaf105626

 

篠原涼子に与えられた結婚の条件


篠原涼子さんの母親は、彼女が2歳の時に交通事故に遭って他界しています。
その為、父親に育てられました。

篠原涼子さんの父親は、篠原涼子さんと市村正親さんの結婚に猛反対をしました。
それは「24歳」の年齢差でした。

徹底して猛反対する父でしたが、結婚を許すため篠原涼子さんと市村正親さんに2つの約束をさせ一件落着をしたのでした。

■篠原涼子さん夫婦が、父親とした2つの約束

早く子供を作ること

生涯一緒にいること

のこの2つでした。

篠原涼子さんと市村正親さんがご結婚出来て良かったですね!!

 

篠原涼子の結婚式場

篠原涼子さんと市村正親さんの結婚式は、2010年8月14日に群馬県にある「ロイヤルチェスター太田」で挙げられました。

約50人ほどの親しい親戚が集まった結婚式だったそうです。

この場所は、篠原涼子さんの父親がお世話になっていた病院の近くであり、式場にはお父さんが疲れた時用に横になれる長いソファも用意されていたとのこと。

この結婚式に参加した父親は、3日後に他界してしまいましたが、篠原涼子さんの花嫁姿が見られて、さぞかし嬉しかったと思います。
お父さんは、涙ぐんでいたそうです。

親孝行ができた篠原涼子さんでしたね。

 

篠原涼子の住まい

 

1:埼玉県川越市・・・市村正親さんのご実家あり、そのご実家近くにマンションを所有している

2:東京都渋谷区(広尾)・・・「広尾ガーデンヒルズ」4億円のマンションを購入したと云われている

3:東京都渋谷区広尾・・・「広尾ガーデンフォレスト」は別居で使用(2020年)と云われている

篠原さんが別居で使っているマンションは「広尾ガーデンフォレスト」ではないかと噂になっています。

篠原さんの自宅マンションから車で10分ほどの距離

家賃は1LDKでひと月当たり80万円

このことが女性自身の記事に書かれていたことにより「広尾ガーデンフォレスト」を云われるようになったようです。

 

篠原涼子の現在

 

2021年7月24日に篠原さんの離婚が発表されました。

財産分与なし親権は元夫の市村正親氏が持つことに。

 

年の差を感じさせないおしどりぶりが話題だったご夫婦に何があったのでしょうねぇ?

2020年3月からコロナを理由に別居を始めた篠原さんですが、別居前に別の既婚者俳優との深夜ドライブをスクープされていたこともございました。

47歳の妻と72歳夫の結婚生活は15年。

 

篠原涼子と市村正親の離婚のコメント

 

篠原涼子のコメント

舞台俳優の市村さんからは結婚する前も、してからも学ぶことばかりで尊敬の念にたえません。この姿勢は今もこれからも変わる事はありません。未熟な私を常に導いて気遣ってくれる大切な存在です。今の私があるのも市村さんの大きな力のお陰だと思い感謝しております。なのに、このような状況になった事、なかなか理解しにくいかと思いますが、私たちなりの新しい形・環境を作って参りたいと二人で話し合いました

引用元:中スポ

 

市村正親のコメント

夫婦となり15年。子宝にも恵まれ、子どもの成長を見ながら、これ以上ない生き甲斐を感じて、楽しく、充実した日々を家族四人と過ごしてまいりました。ただ、又お互いに役者として、それぞれの活動を尊重し支え合い歩んできました。涼子との出会いは私の人生最大の喜びです。そして可愛い子どもたちと出会わせてくれたことを心から感謝しています

引用元:中スポ

 

 

連続テレビ小説「おちょやん」女性キャスト 生い立ち 家族 関連記事

杉咲花

宮澤エマ

いしのようこ

東野絢香

阿部純子

若村麻由美

 

おわりに

今回は、篠原涼子さんの生い立ちや出身校とご家族についてお伝えしました。

ドラマ「ハケンの品格」で篠原さんのファンになった私でしたが、これからも益々のご活躍を楽しみにしています。

最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございます。

この記事の一部参考元:週刊女性PRIME・朝日新聞デジタル・Yahoo!ニュース・女性自身・ほか

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。