秋元才加の生い立ちと実家と現在の家族構成は?家族の画像とエピソードを交えて紹介!

Sponsored Links








こんにちは!

今回は、千葉県松戸市出身ですが、フィリピンのマカティ市で誕生した秋元才加さんの生い立ちと実家のご家族や現在のご家族を紹介しています。

1988年7月26日にフィリピン・マカティ市のRGメディカルセンターで、日本人の父とフィリピン人の母の間に朝2時くらいに生まれた秋元才加さん。

そのご実家はマライヤ・キャリーやクイーンなどの洋楽が朝から晩まで流れているようなお家だったそうです♪

では、綴って参りますのでお付き合いくださいね♬♪

※秋元康氏と同姓なので、親子や親戚関係だと噂されるようですが、偶然苗字が同じだっただけで血縁・婚姻関係はないとのことですよ。

参考元:秋元才加Wikipediaエケペディア  https://youtu.be/p6uk8vs4DSA

 

目次

秋元才加の生い立ちや出身校

秋元才加はハーフ

出典:https://youtu.be/p6uk8vs4DSA

冒頭でもお伝えしましたが、秋元才加さんは、日本人の父親フィリピン人の母親も元に誕生しているのでハーフだそうですよ。

参考元:秋元才加Wikipedia

 

秋元才加の名前の由来

出典:秋元才加Instagram

秋元才加さんの「才加」の名付け親は祖母で、「才能とか、いろいろ才が加わるように」という願いを込めて命名されたとか。

 

秋元才加のニックネームの由来

因みに、秋元さんのニックネームの一つに「オカロ」があるのですが、これは秋元さんの名前「才加」の漢字が「オカロ」に見えることからそう呼ばれるようになったそうですよ(⊙ꇴ⊙)

参考元:エケペディア・ほか

 

秋元才加の第二の故郷

出典:https://youtu.be/p6uk8vs4DSA

秋元才加さんの幼少期から小学5年まで毎年家族で訪問していたフィリピンのカモテス諸島が彼女の第二の故郷になるようです。

セブ市になるサントニーニョ教会も毎年訪れていたとか。

参考元:エケペディア・https://www.youtube.com/watch?v=p6uk8vs4DSA

 

秋元才加の幼なじみは大相撲の髙安晃

秋元才加さんとは、大相撲の髙安晃さんとは互いのフィリピン人の母親元に生れ、お互いの母親仲良し♬

小学校低学年からの幼馴染なのだとか。

髙安晃さんの親が経営するレストランにも何度も行っていて、子供の頃はよくケンカをしていたそうですよ。

 

ぱんちゃん

2015年6月にフィリピンの当時のアキノ大統領来日の際のパーティーで15年ぶりに再会したことで、それからまた仲良しなんだって♬

参考元:秋元才加WikipediaPASONICA JP秋元才加Twitter朝日新聞DIGITAL2017年5月28日

 

秋元才加の幼少期~小学時代

出典:秋元才加Twitter

秋元才加さんの子供の頃は、毎年の春休みに母親の実家があるフィリピンのカモテス諸島に里帰りをしていたそうです。

フィリピンに毎年里帰りできるなんて裕福なご家庭かと思いきや、父親が無職で稼ぎ頭は母親という家だったとか。

母親は多忙だったんでしょう。

幼稚園の時は、お弁当ではなく、コンビニのおにぎりを食べていたそうです。

おもちゃが欲しくて駄々をこねて、父親に田んぼに投げ捨てられたこともあるとかないとか。

 

小学生になった秋元才加さんは、高身長を活かしてバスケ部に所属したり生徒会長になったりと小学時代を楽しんでいたみたい( ̄∀ ̄)

秋元才加の小学時代のあだなは調べたところ3つあって、どれも個性的(·。·)

一つ目は「ダイコン」で、これは彼女は背が高くて、体が大きかったためついたあだ名だそうで、二つ目はマンガ『スラムダンク』の赤木剛憲に似ていることから「赤木」。

三つ目は「モナリザ」だそうです。

 

いじめられた秋元才加の小学時代

秋元さんの低学年の時には、「フィリピン人フィリピン人」と言われていたそうです。

そして、彼女が成長すると、安室奈美恵さんのような格好をして楽しんでいたそうですが、それがいけなかったのか、2、3歳上の男子たちが秋元さんの悪口を公園に落書きしたり、教室の机に彫ったりして彼女を悲しませていたようです。

 

ぱんちゃん

お母さんの稼ぎじゃ大変だったようで、電気やガスが止まったり、おかずがないため白米に醤油をかけて食べたりしていたそうです。

参考元:beauty-mommynewsmatomediaPASONICA JP婦人公論2020年10月19日配信マイナビニュース2017/03/29配信タレント辞書女性自身2017/07/31配信エケペディアマイナビニュース2014/09/01配信・ほか

 

秋元才加の中学時代

秋元才加の出身中学校:松戸市立六実中学校

中学時代もバスケ部に所属していた秋元さんですが、この頃からお金のやりくりも始めたそうです。

この時代から芸能界を目指すようになりオーディションを受け始めますが、受からず(T_T)

 

秋元才加のバスケ部エピソード

小学4年生で165㎝だった秋元さんは、小6の頃に秋元さんが進学する中学のバスケ部の顧問に「来年は必ずバスケ部に入れ」と言われたんだとか。

中学の入学式が終わったら、そのままその顧問に連行されバスケ部所属になったそうです。

 

ぱんちゃん

ファーストキスは、この時代の松戸花火大会の帰りだったそうな(⊙ꇴ⊙)

参考元:aidolyエケペディアPASONICA JPマイナビニュース2018/05/18 ・ほか

 

秋元才加の高校時代

秋元才加の出身校:船橋西高校(現在の船橋哲明高校)

秋元才加の高校時代の部活:バスケットボール部と陸上部

 

高校の制服は父親が持っていたロレックスの時計を売って揃えてくれたとか。

高校の学費やかかるお金は、焼き肉屋とレストランのバイトを掛け持ちして、そのお金で支払っていたそうです。

 

秋元才加の芸能界デビューまで

極貧で多忙な高校生活をおくっていた秋元さんでしたが、渋谷を歩いている時にAKB48のメンバー募集のチラシをもらった彼女。

そのチラシを見ると、受かってもダンスやや歌のレッスンタダ

オーディション用の写真も携帯の写メでOKだったことで、オーディションを受けたそうです。

そして、2006年2月26日の『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格し、同年4月1日にAKB48劇場でのチームK初日公演において、公演デビューを果たした彼女でした。

高校2年からAKBに所属した秋元さんですが、交通費が支給されたり、お弁当やお菓子も出たため生活が相当楽になったとか。

 

秋元才加の高校あるあるエピソード

地毛色なのに染めていると言われたことが悔しかった秋元さんは、髪の毛を黒に染めたことがあるそうですよ。

その髪色にびっくりした彼女の父親は「娘はもとから赤毛だ!」と苦情を入れることに・・・高校あるあるですね。

参考元:beauty-mommytrendnews.tokyo婦人公論2020年10月19日配信エケペディア秋元才加WikipediaPASONICA JPサンスポ2017/10/28配信・ほか

 

秋元才加の学歴

秋元さんの学歴は、現時点で高卒になるようです。

 

秋元才加の実家の貧困エピソード

出典:https://youtu.be/p6uk8vs4DSA

父親がずっと無職で母親が稼ぎ頭だった秋元家。

母親は夜の店で働いていたお陰で貧乏生活をおくれていたが、秋元さんが中学生になる頃、母親の年齢が理由でクビになってからは、パートで働く様になり、なんとか食べらるだけの極貧生活をおくることに・・・

 

1:お小遣いはもらったことがない

2:食品は、スーパーの閉店前の半額惣菜を購入していたが、購入出来なかった時は白米に醤油を掛けて食べていた

3:ライフラインが停止状態の時がある生活をする時があり、ガスが止まった時は、水風呂に入っていた

4:洋服はフリマで500円で5~6着を購入

5:教科書は焼却炉に捨てられた前年度のものを拾って勉強する

6:高校の学費は自分がバイトなどをして支払った

7:AKBに所属すると、メンバーやスタッフは彼女の実家が貧しいのを知っているため、余ったお弁当やお菓子をくれていたそうです。2007年紅白歌合戦に初出場した際のエピソードで、彼女は出された弁当を段ボール2箱分持って帰って、家族で2週間かけて食べたとか。

参考元:エケペディアeveryday-e-newsbeauty-mommyanincline2hole婦人公論2020年10月19日配信・ほか

 

くまこちゃん

次のページからは、秋元才加さんの「実家のご家族」について→「現在のご家族」について→「プロフィールと略歴」などを紹介しています♬

 

他のキャストはいかが?

CMナシで作品を観るなら、U-NEXTの無料トライアルがあるわっ!!

 

ちゃちゃっと登録ささっと解約超簡単!

登録後は、31日間で観たいドラマ・映画・アニメなどをあれこれを観ちゃってさっと解約してもOK!

CMナシだから時短生活に持って来い!!って感じ♪♬

 

詳しくは ↓ で確認してね(≧∇≦*)

 

ドラマ観るなら<U-NEXT>

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。