夏木マリの生い立ちや家族構成は?家族の画像とエピソードを交えて紹介!

Sponsored Links








夏木マリのプロフィールと経歴

出典:夏木マリInstagram

夏木マリの芸名の由来

夏木さんのデビューが「夏」に「決まり」ったとこで、「なつきまり」=「夏木マリ」にしたそうです(笑)

 

うさちゃん

なんか、決め方が夏木さんのイメージとピッタリ!

 

夏木マリのプロフィール

芸名:夏木マリ

旧本名/旧芸名:中島淳子(なかじま じゅんこ)

生年月日:1952年5月2日

年齢:68歳(2021年1月の執筆時)

出生地:東京都豊島区池袋

身長:162cm

血液型:O型

活動期間:1971年 –

 

夏木マリの所属事務所は個人事務所

夏木さんは、芸能事務所に所属せず、夏木さんが立ち上げた個人事務所に籍を置いているようです。

夏木マリ事務所ホームページ「NATSUKI ROCK」

 

夏木マリの経歴と病気

高校卒業後、坂本博士ミュージックスクールに通いレッスンを受け『プリティースリー』というコーラスグループで芸能界入りを果たす

1971年:本名の「中島淳子」で「小さな恋」で歌手デビュー(当時19歳)するが、キャバレー回りの仕事ばかりだった

約1年間続けた営業活動を辞めぶらぶらする

1973年:21歳の時に芸名を変更し、「夏木マリ」で「絹の靴下」を発表し、再デビューを果たし大ヒット
その後も出す曲が次々とヒットし、多忙を極め、睡眠時間は1日3時間の日々が続いた

1974年:昭和49年6月25日子宮出血(低色素性貧血)で倒れ、入院で休業を余儀なくされた
入院は3ヶ月
復帰まで6ヶ月合計9ヶ月の間芸能活動が出来ない状態になり、復帰下時には仕事がほとんどなく、またキャバレー回りの仕事をしていた。

1979年:昭和54年にドラマ「Gメン’75」に津川螢子警部補役で俳優デビューし、俳優に転身

1990年:単身でニューヨークへ渡米

1993年:企画構成、演出、出演まで自ら手がけた舞台「印象派」を発表
国内だけでなくドイツ、フランス、イギリス、などの海外公演でも高い評価を得る

1995年:ミニアルバム「九月のマリ-」を発表

2006年:ブルースバンド「GIBIER du MARIE」を結成

2008年:自らが主宰するパフォーマンス集団「Mari Natsuki Terroir」を立ち上げる

2009年:1993年に立ち上げた「印象派」を進化させた「印象派NÉO」を発表

2010年:支援活動『One of Love』プロジェクトをスタート

2016年:華原朋美、土屋アンナ、シシド・カフカ、LiLiCoと女性コーラスユニット「and ROSEs」(アンド・ローゼス)を結成

2018年:レザーブランド「バリー」のキュレーターに就任

 

現在でも俳優や歌手、制作から社会活動までマルチにご活躍中♪

 

一部参考元:Wikipediaontomo

 

おわりに

夏木マリさんをカッコいいな~と思ったのは、テレビドラマを拝見してからです。

それから、「夏木マリ=カッコイイ=姐さん=オシャレ=センスピカイチ」と私の脳に刻まれたのでした。

やっぱりカッコいいわー♪

カッコイイ姐さんはSNSでいろいろなことを発信していますので、訪問されてくださいませ♪

 

最後までお付き合いを頂き、ありがとうございます。

 

 

 

連続テレビ小説「おかえりモネ」女性キャスト「生い立ちと家族構成」関連記事

鈴木京香

清原果耶

竹下景子

恒松祐里

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あんび

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。