竹下景子の生い立ちや家族構成は?実家&現在の家族と画像を合わせて紹介!

Sponsored Links








こんにちは!

今回は、品性のある女優の一人、竹下景子さんの生い立ちや家族構成を紹介いたします。

竹下さんのご家族については、「実家」のご家族と「結婚後」現在のご家族を画像と合わせて紹介しております。

かなり長くなりましたが、よろしければ最後までお付き合いくださいませ♪

では、参りますね。

目次

竹下景子の生い立ちや出身校

 

竹下さんの生誕地は愛知県名古屋市ですが、お父さんのお仕事の都合により、4歳の時に東京都中野区→板橋区・5歳~10歳までは京都東村山市で育ったようです。

引越しの多い幼児期だった竹下さんの学生時代はどのようにお過ごしになったのでしょうか?

 

竹下景子の幼少期~小学校時代

3歳の頃から小児喘息を患っていて、携帯式の吸入薬を常に持っていて、風邪を引かないように注意しながら人生を歩むことになった竹下さんですが、幼稚園から小学校低学年までは東京都東村山市に住んでいたそうです。

そこの学校の担任の先生と仲良くなって自宅に遊びに行ったりしていたとか。

 

竹下さんが10歳の頃にお父さんが国税庁を辞めたために、公務員住宅には住めなくなり名古屋市緑区に引越し、名古屋へ戻るとお父さんは、弁護士になるために勉強を始めたたそうです。

この後、竹下さんは高校を卒業するまで名古屋市緑区に過ごすことになりました。

 

うさちゃん

小学4年の思い出で、授業中に息苦しくなって先生に自転車で家までおくってもらったことがあるとか。

ぱんちゃん

喘息の発作だったかもね。

うさちゃん

竹下さんの不得手な科目は、体育と図工だったんだって。

 

竹下景子の中学校時代


竹下景子の出身中学校:南山中学校

偏差値63(2021年1月時点・みんなの中学情報を参考)

 

愛知県名古屋市にある私立の女子中学の南山中学校が竹下さんの母校になるようです。

この中学校では、演劇部に所属していたとか。

 

うさちゃん

中学時代のエピソードでは、中2の時に喘息が悪化して1週間入院したそうです。

ぱんちゃん

竹下さんで検索したら「声かすれる」のキーワードがあるけど持病の喘息が関係しているかもね。

 

南山学園ホームページ

 

竹下景子の高校時代

出典:みんなの高校情報

 

竹下景子の出身高校:南山高校

偏差値4.64(2021年1月時点・みんなの高校情報を参考)

エスカレータ式で高校に進学した竹下さんの母校は南山高校になるようです。

演劇部に引き続き所属した竹下さんでした。

 

竹下景子の高校時代のエピソード


この時代の竹下さんは、ラジオの深夜放送を聴くのが楽しみだったようです。

ラジオ番組「ミッドナイト東海」のイベントに一般リスナーとして参加した時に、パーソナリティをしていた俳優の天野鎮雄さんから、NHKの「中学生群像」を紹介されドラマに出

竹下さんは3年生の役で、1年生の役には戸田恵子さんが出演していたそうです。

竹下さんは何度かそのドラマに出演をし、1回の出演料は8000円だったとか。

 

うさちゃん

1回の出演料は8000円って、当時の物価から考えると高額だわ!

ぱんちゃん

当時のおおよその物価を知るなら こちら からどうぞ。

 

竹下景子の大学時代

竹下景子の出身大学:東京女子大学

偏差値45.0 – 57.5(2021年1月時点・みんなの大学情報を参考)

竹下さんが進学した大学は、東京女子大学で専攻は理学部社会学科。

名古屋から上京した竹下さんは、女子寮の抽選に外れて西荻窪の4畳半のアパートで一人暮らしを始めたとか。

当時の仕送りは5万円で、この額は当時では足りなくなるような額ではなかったようですが、大雑把な竹下さんは、月末には1日に使える金額が菓子パン1個と云う時もあったそうですよ。

 

竹下景子の女優デビュー


高校時代に「中学生群像」に出演した際に、ドラマロケで名古屋を訪れていた夏木陽介さんににスカウトされ、上京後に夏木陽介さんが所属していた「三船プロ」に所属し芸能活動を始めた竹下さんでした。

1973年に放送されたNHKの銀河テレビ小説 「波の塔」で、本格的に女優デビュー。

それからは忙しくなり、大学は5年かけて卒業したのですが、留年した時に、お父さんから「仕送りも学費も出さない」と言われてしまったため、自分で学費と生活費を工面していたそうです。

卒業したら実家に戻る約束は、生活費と学費を打ち切られたと同時に、反故になったとか。

 

竹下景子の学歴

竹下さんは、東京女子大学を卒業されているということなので、大卒になるかと思われます。

 

竹下景子の実家の家族

竹下景子の実家の家族構成

1953年9月15日生まれ、愛知県名古屋市東区出身の竹下さんの実家は、父・母・竹下さん・弟の構成の4人家族でした。

竹下景子さんが4歳の時にお父さんが国税庁に転勤になったため、家族で名古屋から東京に引っ越し、1年目は中野区と板橋区、その後5歳から10歳までは東村山市で生活されたそうですよ。

 

竹下景子実家の家族の画像は こちら でご覧いただけます。

 

竹下景子の父・竹下重人

竹下さんのお父さん・重人さんの出身は、長崎県佐世保市の針尾島(はりおじま)で、現在のハウステンボスがある所だそうです。

以下では、重人さんの簡単な経歴をお伝えします。

ソ連によるシベリア抑留後

日本に帰国

名古屋国税局

国税庁

弁護士:37歳(税務訴訟専門)

2005年2月6日:出張先の福岡市内のホテルで心不全のため、82歳で他界

 

竹下重人Wikipedia

 

竹下景子の母

1986年に子宮癌で57歳の若さで他界されています。

竹下さんのお父さんとは、お見合い結婚だったそうです。

竹下景子の兄弟

竹下さんには、弟さんが一人いますが、お名前などは一切公表していないようです。

 

次は、竹下景子さんの現在・結婚後のご家族についてお伝えしています。

ご家族のプロフィールや経歴はもちろん、その他「名前の由来」・「息子逮捕歴説」・「過保護説」・「住まい」などなどもよろしければご覧くださいませ!

 

連続テレビ小説「おかえりモネ」女性キャスト「生い立ちと家族構成」関連記事

鈴木京香

清原果耶

恒松祐里

夏木マリ

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あんび

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。