木村文乃の生い立ちと家族構成を調査!旦那の画像も合わせて紹介!

Sponsored Links








こんにちは!

今回は、キレイだけど可愛い木村文乃さんの生い立ちや家族と構成を調べました。

そして、木村さんのご結婚の馴れ初めから離婚に至るまでを紹介しています。

意外な木村文乃さんを質ことになるかも・・・?!

最後までお付き合いくださいませ♪

 

木村文乃の生い立ちや出身校

 

母子家庭に育ったと云われている木村文乃さんの生い立ちを調べてみました。

木村さんの小学校時代~中学校時代は、勉強よりも遊んだり運動することを優先するタイプだったそうで、夏休みの宿題も最後の追い込みで済ませていたとか・・・

私が思っているイメージとかなり違うような気がしますが、木村さんはどんな日々を過ごしていたのでしょうか?

 

木村文乃の幼児期

子供頃の木村文乃さんは、おてんばで目立ちがりやな性格と、ずっとショートヘアにしていたからか、男の子に間違えられていたそうです。

この頃は、2歳下の弟さんとよくどろんこ遊びなどをして楽しんで、アニメ「まんが日本昔ばなし」が大好きで観ていた思い出があるようです。

その他では、剣道を幼い頃に始めたと云う情報があります。

 

木村文乃の小学時代


引用元:Googleマップ

木村文乃さんが通っていた小学校は、公表されていませんが、中学校の学区内をGoogleマップで見てみると、西東京栄小学校西東京市保谷第一小学校のどちらかの可能性が高いと思われます。

木村さんの過去のインスタによると、弟の弟に間違えられていたとか(笑)

弟の友達と一緒に缶蹴りや、木登り・鬼ごっこなどもして遊んでいたり、キャンプも一緒に行ったりしていたからかもしれませんね(^ν^)

小学校時代のお昼休みはドッチボールなどをして過ごしていたそうで、飼育委員をしていたそうです。

この頃の木村さんが将来やりたい職業は「獣医」だったそう。

 

木村文乃の中学時代

西東京市青嵐(せいらん)中学校(旧・保谷市立青嵐中学校)が木村文乃さんの出身中学校になるそうです。

木村さんの剣道の腕前は初段と云われていますが、剣道は中学校までしていたという情報があります。

木村文乃さんの中学時代のエピソードは、猫アレルギーなのに、2匹の野良猫の面倒を見ていて、母親の反対を押し切って飼っていたとか。

 

木村文乃の高校時代

出典:Googleマップ
引用元:Googleマップ

木村文乃さんは、国際文化学園高等部に所属をし、芸能・演劇コースを選択したそうです。

以下の説明でどのような高校かがご理解できるかと思います。

3年間で確実に高校卒業証書を取得!
国際文化学園高等部は、私立通信制高校教育提携校として、サポート校、フリースクールなどと呼ばれる学校です。高卒資格(高校卒業資格)を3年間で確実に取得できるよう生徒たちをサポートしていきます。東京新宿・四谷にあり、のびのびとした自由な校風で、自分のペース、個性に合わせて無理なく楽しく学べます。年間いつでも入学が可能で、週5日又は週3日コースを選べます。
引用元:http://www.web-ics.jp/

国際文化学園高等部公式サイト

 

高校時代はクラスメイトと上手くいっていなかったそうです。

クラスメイトが木村さんに何かしたのではなく、木村さんがクラスメイトに火を噴いていたと云われています。

 

ぱんちゃん

反抗期ホルモーンがバンバン出ていたみたいね。

 

木村文乃の学歴は

木村文乃さんは、現時点で高校卒業の証明を得たのか不明ですので、中卒なのか高校卒業の資格があるのか分っていません

大学には進学をしていないことは確かなようです。

 

nexiのインタビューで以下のようにお話をされていたことから、母親の気持ちを無駄にしていなければ、高校卒業の資格は得ていると思いますが・・・。

私は16歳でこの仕事を始めたんですけど、親は「20歳になったらもう何も言わないから、
お願いだから学校は卒業して、20歳まではちゃんとしていて」
引用元:nexi

次は、木村さんの実家のご家族についてお伝えしています。
木村さんには、弟さんがいらっしゃいますが、関係は良好でないようです・・・。

Sponsored Links








1 個のコメント

  • 木村文乃さんは卒母宣言したお母さんのことを、厳格な母だったので名前ではなく「奥さん」と呼んでいると徹子の部屋で言ってましたよ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    あんび

    こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。