岸井ゆきのの生い立ちと家族構成は?エピソードと出身校も!

Sponsored Links








こんにちは!

今回は、とてもチャーミングな岸井ゆきのさんの生い立ちと家族構成について紹介いたします。

そして、中止なった岸井ゆきのさんの「あの」CMも紹介しています。

 

岸井ゆきのの生い立ちと出身校

岸井ゆきのの幼少期~小学時代

岸井ゆきのさんは、神奈川県秦野市の丘の上の団地に住んでいて、近くの山や川で自然とともに伸び伸びと育ったそうです。

小1から器械体操始め、地元の大会で優勝したこともあるくらい真剣にしていて、選手を目指していた彼女。

 

岸井ゆきのの小学時代の落下エピソード

自然がある環境で過ごしていた岸井さんは木登りもしていたそうで、あるとき木登り中に落下。

背中から落ちたためか過呼吸になった経験があるそうです。

 

ぱんちゃん

落下事件は、大事に至らなくてよかったわ~。

もーもー

岸井さんの子供の頃のユニークな遊びがあるそうで、”道具箱に液体のりをつけて時間が経ったらはがす”行為が楽しくて、コレを遊びにしていたんだって。

参考元:PASONICA JPNカナコロ週刊女性PRIMEmairooms

 

岸井ゆきの中学時代~高校時代

出典:https://twitter.com/ARASHI5ARASICK

 

岸井ゆきのの出身中学校:秦野市南が丘中学校

岸井さんの母校になる中学校は、「秦野市南が丘中学校」と云われているようです。

小柄な身長は器械体操に有利だということもあり練習が楽しかったそうですが、中3のときにバク転に失敗してしまい、その失敗後は恐怖心が出て飛べなくなったとか。

3年ということもあって、そこで器械体操をやめたそうです。

 

岸井ゆきのの出身高校:神奈川県立秦野総合高等学校

神奈川県立秦野総合高等学校に通っていたと云われている岸井さんですが、高校時代は帰宅部で、将来やりたいことを見つける準備期間にしようと決め、模索する毎日を過ごしていたんだとか。

「衣食住」のどれかにかかわる仕事をしたいと思うようになり、調理学校やバリスタなどの体験入学をしてみようと始めに思ったそうです。

 

人生の模索をしていた岸井さんは、彼女の高校3年生の時にスカウトをされています。

その時の彼女は、バリスタの専門学校の見学をするために電車に乗っていたとのこと。

あなたを被写体に写真を撮りたい」と女性カメラマンの声を掛けがあり、紹介してもらったのが今の事務所ユマニテだったそうです。

 

ぱんちゃん

2009年放送のドラマ『小公女セイラ』デビューした岸井ゆきのさんなの♪

もーもー

彼女のお気に入りは、秦野総合高校の近くにある「スィーツガーデンサクララ」なんだって

参考元:freetimencほか・週刊女性PRIMEhouyhnhnm・ashiatoblog2019

※週刊PRIMEでは「東京」とインタビューで答えていて、houyhnhnmでは「横浜」とインタビューで答えていましたので、専門学校の場所は記載しないことにしました。

 

岸井ゆきのの学歴

岸井さんは大学をに進学をされていないことから、現時点での最終学歴は高卒になるかと思われます。

 

ぱんちゃん

オーディションに何百回も落ちて何も仕事がないという時期もあった彼女なんだけど、役者を辞めようと思ったことは一度もないとか。

もーもー

そんな彼女が生活のためにしていたアルバイトは皿洗いで、接客が苦手だった彼女は自ら皿洗いを希望したんだって。

ぱんちゃん

バイト先は「フランス料理店」・「焼肉屋」・「寿司屋」と週5~4入り、ガッツがある岸井さんでした(笑)

参考元:smile-life-canPASONICA JPN・カナコロ

 

くまこちゃん

次からのページは、岸井ゆきのさんの「家族」について→「プロフィール・略歴・SNS」などを紹介しています♪

 

ドラマ「#家族募集します」女性キャスト関連記事

木村文乃の生い立ちと家族構成を調査!旦那の画像も合わせて紹介!

岸井ゆきのの過去の作品や話題の作品を観るなら、U-NEXTの無料トライアルで!!

 

登録も解約も超簡単!

 

ちゃちゃと登録して、31日間で観たいあれこれを観ちゃって解約してもOK!

詳しくは ↓ で確認してね♪

 

ドラマ観るなら<U-NEXT>

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。