松下洸平の生い立ちと実家や現在の家族をまとめて紹介!エピソードと交友関係や家宝も!

Sponsored Links








目次

松下洸平の実家の家族

出典:松下洸平Instagram

松下さんは、東京生まれの東京育ちですが、松下さん以外の家族は関西出身だそうです。

そして、松下さん含め家族全員が左利きなんだとか♪

参考元:エンタステージ2016年11月8日akisimple

松下洸平の実家の家族構成

松下さんの実家は、母親・兄・松下さんご本人とわんこの柴子ちゃんの構成の3人と1匹家族でした。

参考元:松下洸平ブログ

 

松下洸平の実家の家族

松下洸平の父親

松下洸平さんの父親については、父親と同じく「癖っ毛」だったという情報があるだけで、その以外の情報は現時点ではございません。

死別なのか離婚なのか、それとも未婚なのか・・・(-_-;ウーン

松下さんのブログで「僕を一人で育ててくれた母に恩返しがしたいと思う」と明かしていたことで、母子家庭だったことは間違いないと思われます。

松下洸平の母親

出典:tera-chan@tera_HKmovie

松下さんの母親は、都内の美術大学を卒業し、女流画家協会や上野の森美術館の大賞展に何度も入賞している実力者のようです。

2020年あたりまでは、幼稚園や老人ホームで絵を教える仕事をしていたようですが、現在は実家で絵画教室を開いているとのこと。

ここまで読まれると、松下さんの母親は、色が白くて華奢な女性を想像しませんか?

でも、実際は、、、、日焼けサロンで真っ黒に焼いた肌筋肉バッキバッキの元ボディビルダーだったそうな=͟͟͞͞(•̀ω•́ ‧̣̥̇)

松下洸平の40代までの母親姿

母親は40代くらいまではボディビルダーをしていたそうで、大会の1週間前になると日焼けサロンに行って真っ黒に焼いていたそうな。

身体は、筋肉がバッキバッキで背中はガッチガチの冷蔵庫のようだったとか。

東京都の大会で一度チャンピオンになっている母親ですが、大会には松下さんもよく応援に行って「背中が冷蔵庫!」などと声を掛けて応援をしていたそうです。

そんな母親を誇らしく思っていた松下さんですが、子供時代に恥ずかしい思いもしたみたい。

授業参観で、いかつく真っ黒に日焼けしてMA-1を着ている母親が、後ろの列で松下さんの授業を見ていて、その光景がとても恥ずかしかったよう。

”MA-1”は、1986年に公開された映画『トップガン』でトム・クルーズや他の俳優が着ていた服で、当時はその服がブームになっていたようで、当時の母親もMA-1が大好きだったみたいですよ。”MA-1”は上の画像を参考にしてね♪

現在の母親は、「年相応の可愛らしいおばちゃんになっている」と松下さんがインタビューで話していました。

松下さんの子供の頃の朝食が「ご飯とお味噌汁と卵焼きと、プロテイン」だったのが納得できました。

当時の母親は、筋肉バッキバッキの男性を見ていたもあり、子供たちに筋肉をつけて欲しかったそうです。

松下洸平の小学時代の母親との思い出

松下さんの小学時代に、学芸会で「日光の小天狗」っていう物語を披露することになり、松下さんは主役の天狗の役をやることになったのでした。

ですが、学芸会の当日は母親の都合で見に来ることが出来なかったそうで、リハーサルだけでも母親に見せてくれないかと先生のお願いしたら、先生は「よ~しお母さんのために頑張るぞ!」と言ってくれ、みんなで母親一人の為に本番さながらの演技を披露してくれたそうです。

母親は、感動し涙したそうな。

松下洸平の現在の母親

松下さんの母親は、冷静な人だそうで、松下さんが実家に帰ってもフツーなんだとか。

今は、アフリカに一人旅に行ったりとやりたいことを謳歌しているよう。

時々、松下さんの自宅に遊びに来て、女性の影がないか密かにチェックしているそうです。

松下さんの舞台は、毎回見に行っているそうですが、チケットは息子に頼まず自分で取るんだとか。

母親は「息子が出演するから、母親だから優先的にチケットを取ってねっていうスタンスは違うと思って。皆さんと同じように色々トライしてから、万策尽きてから息子にお願いするっていう感じにしてます」と、母親自身の思いがあるようです。

「僕を一人で育ててくれた母に恩返しがしたいとよく思う」とブログで綴っていた松下さん。

恩返しはできたのではないでしょうか?

因みに、松下さんの母親は、玉置浩二さんやサザンオールスターズなどのJ‐POPがお好みだったみたいデス♪

参考元:「おしゃれイズム」2020年12月13日放送・文春オンライン2020年2月20日・バラエティー番組「A-Studio+」2021年12月3日放送・modelpress2021.03.28エンタメRBB2020年12月14日MORE2020.01.30日刊ゲンダイ2021/04/04スポニチ2020年12月16日・松下洸平ブログ・エンタウォッチング2021/9/16

松下洸平の兄弟

出典:さくママのトレンドブログ

松下洸平の兄

松下さんには、二歳年上の兄が一人いるようです。

兄は2009年に結婚(式は2010年)して、2021年2月29日に第一子の女の子が誕生しているようです。

上の画像は、兄の第一子。

東京に住んでいるそうですが、松下さんとは中々会えなくメールでやり取りをしているそうですが、お互いの予定がマッチすると実家で会っているそうです。

松下さんは兄の影響も受けていて、兄の中学時代にヒップホップを聴くようになったら、松下さんもヒップホップを聴くようになったんだとか。

も~も

兄が結婚した時の年は24歳で、松下さんは22歳の時だったのね♪

参考元:松下洸平ブログ・バラエティー番組「A-Studio+」2021年12月3日放送・boothillspeedwayRealSound2022.08.06・ほか

松下洸平の弟

出典:松下洸平Instagram

松下さんに1歳年下の弟がいると紹介しているサイトもあるようですが、発端は松下さんのブログから。

2013年1月26日の松下さんのブログに「僕には一個下の弟がいてね」「弟も忙しくなかなか会えないんだけどこの前久々に会ったよ!」と書かれていたことからネットでは噂になったりしたのだと思いました。

この弟さんは、俳優仲間の柿澤勇人(かきざわ はやと)さんで、実際の弟ではないようですよ。

柿澤 勇人のプロフィール

本名:柿澤 勇人

生年月日:1987年10月12日

年齢:35歳(執筆時)

出身地:神奈川県

身長:175cm

血液型:B型

活動期間:2007年 –

活動内容:2007年 劇団四季入団→2009年 劇団四季退団→2011年 ホリプロ所属

著名な家族:清元榮三郎(祖父)人間国宝・清元志壽太夫(曾祖父)人間国宝

事務所: ホリプロ
柿澤勇人のプロフィール参考元&引用元:柿澤勇人Wikipedia
参考元:松下洸平ブログ

小さな家族の柴子

出典:松下洸平Instagram

松下家の小さな家族は、わんこの柴犬の柴子ちゃん♡

10月31日が誕生日で、2018年には17歳になったよう。

お散歩は日に3回する元気な柴子ちゃんですが、目は見えてなく、耳が聞こえなくなっているそうですよ。

向かって右の柴子ちゃんの耳下が青くなっているのは、母親の描いている作品の横を通ってそんな状態になったんだとか。

柴子ちゃんが元気で長生きしてくれますように・・・。

※柴子ちゃんについてですが、松下さんは「過去形」で話したり「現在進行形」で話しをしていたので、実際はお元気なのか、他界されたのかは分かっておりません。
分かり次第訂正いたします。

参考元:松下洸平Instagram2018年10月31日・松下洸平Instagram2018年12月29日・日刊サイゾー2022/08/22akisimple

 

松下洸平の実家の住まいと自動車

出典:松下洸平Instagram

松下さんの生い立ちでお伝えしましたが、松下さんの小学校時代はマンション住まいだったようです。

現在のご実家に移られたのはいつなのかなどの情報は現時点ではございませんでしたが、住んでいる土地に変化はなく東京都八王子市のようです。

現在ご実家になっている建物は、3階建ての一軒家で、3階にある12畳の部屋が母親のアトリエになっていて、1階はリビング兼用のアトリエで、母親はこの1階で仕事をしているとのこと。

松下さんの実家の車は、母親の絵を運ぶことを優先にしたハイエースだそうで、昔から「ハイエース」が自家用車だったとか。

ご実家には母親と柴子ちゃんとで暮らしているみたい♪柴子ちゃんがご存命ならば。

※柴子ちゃんについてですが、松下さんは「過去形」で話したり「現在進行形」で話しをしていたので、実際はお元気なのか、他界されたのかは分かっておりません。
分かり次第訂正いたします。

参考元:松下洸平Instagram・doramamiyo-yoakisimple・ほか

 

松下洸平 POINT TO POINT

くまこちゃん

次のページは、松下洸平さんの現在について紹介しています♪

 




>>1人の子どもとつながる支援プログラム

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。