犬同士の散歩中のトラブル!リアル取材で分ったこんなこと

Sponsored Links








こんにちは!あんびです。
ボーダーコリーVSフレンチブルドッグとジャーマンシェパードVSジャックラッセルの散歩の時に遭ったトラブルを取材しました。今回はその取材したことを記事に致しますね。

Sponsored Links

ボーダーコリーVSフレンチブルドッグ

ボーダーコリーの飼い主さんに取材しました。

Q:ボーダーコリーのお散歩で、トラブルになったことは?

A:フレブル2匹が興奮してボーダーに咬み付きそうになってるのに、相手も私もリードついてるから安心してたら、飼い主がちょっとずつ様子見ながら近づいてきたときは 「なんでやねん!」って思った。
ボーダーはボールに夢中でフレブルは全く気にしてないのに、相手は2頭でがぶがぶしたがってて、結局うちのわんこが噛まれて「キャン」って言ったら、相手が面白そうに笑った時はムカついたわ。せめてゴメンって言ってくれたら、噛まれた傷を見ても、腹が立たなかったと思う。
※フレブル=フレンチブルドック・ボーダーコリー=ボーダー

Qその他に何かありますか?
A:自分の犬が興奮しているのに近づけてくること。小型犬に多い。うちのわんこは攻撃しないし、噛まれてキャンとか言うことが多いけど、後から数センチのカサブタが取れてきて怪我してたとか気付く。小型犬飼い主は自分の家の犬がちょっと噛んだくらいでは、ボーダーくらいならなんともないだろうと思ってる感じ。飼い主としてうちのわんこが何も言わなくても、小さい怪我でもさせたくない。うちのわんこが喜んで近づいた時に噛まれてケガしてもあんまり気にならない。
近づけるなら、万が一に反撃してちょっとした傷になっても文句言わない、弁償求めない覚悟で近寄らせて欲しいと思っています。

Sponsored Links

ジャーマンシェパードVSジャックラッセル

ジャーマンシェパードの飼い主さんに取材しました。

Q:ジャーマンシェパードのお散歩で、トラブルになったことは?

A:自分は繋いで歩いていたら、ノーリードのジャックラッセルが突撃してきて返り討ちしてしまった。そしたら、医療費くれって言われてしまいました。納得はしないけど、その犬を噛んでしまったのは、自分の犬だから支払いました。大きい犬にやられたら一撃で大怪我は当然なのに、覚悟も無く近づけるのはやめて欲しいし、ノーリードは止めてほしいと思います。よくわかってる犬は別ですが・・・。

お散歩で注意すること

ノーリードはやめましょう
私の所では公園でのノーリードでお散歩をしている方はいらっしゃいませんでしたが、河川敷になると、結構な数のわんこたちがノーリードで遊んでいました。私が見た時は、中型犬のわんこの次に小型犬のわんこが多かったです。

犬の糞は必ず持ち帰りましょう
公園では、糞をそのままにして去る飼い主さんはいらっしゃいませんでした。我が家の近所もいないです。河川敷になると至る所に、糞が置き去りにされていました。糞を自然に還すことをされているのでしょうが、糞はやっぱり持ち帰って頂きたいと思いました。

・犬のおしっこを他人の壁などにはさせないようにしましょう
これは数年前によく目撃をしていました。壁におしっこをされるのは、やっぱり気分が良いことではありません。やめて頂きたいと思います。これは私の母のしたことですが、我が家のわんこを人様の玄関前でさせたのです。それがその家の持ち主に目撃され、母はこの方から注意をされました。母が家に戻ってから注意をされたことをブーブー言っていたのを私は窘めた記憶がございます。お恥ずかしいお話ですが20数年前の実話です。それからの母はそんなことをしなくなりましたが、数年の間は注意されたことを根に持っていました。なんだかなぁ~って感じです。

・お散歩をする時は、お散歩のマナーをしっかり学んでからしましょう
これは私にも言えることです。犬を飼っていない方のお気持ちも配慮してわんこと散歩したいものです。

まとめ

今回の取材をして反省したことですが、自分のわんこより大きいわんこに我が家のわんこを近づける時は、”覚悟を持って近づけること”っと思いました。小型犬だから許されるだろうと云う思いは捨てるべきだなっとも思いました。
後、ノーリードで散歩している方には、近づかないようにするし、我が家のわんこを抱っこして、その場から離れるのがトラブル回避になると思いました。

そして、大型犬でも中型犬でも、他の犬に噛まれれば痛いっと云う事も忘れたらいけないですね。同じわんこなんですから・・・。噛まれたわんこの飼い主さんだって辛いお気持ちになると思います。大型犬だから我慢しろとか、自分の犬より大きいから我慢しろと無意識に思ってしまっているのかもしれません。わんこ同士、飼い主同士がマナーを守って、トラブルなしな快適な散歩をしたいものです。

そして、最後に。ノーリードは絶対やめましょう。ノーリードの散歩はマナー違反です。

今回はボーダーコリーとジャーマンシェパードの飼い主さんに取材したお話を綴りました。
今回も最後までお付き合いして頂いて
ありがとうございます。

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あんび

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。