吉高由里子の生い立ちと家族構成は?出身校とエピソードを交えて紹介!

Sponsored Links








こんにちは!

今回は、サバサバした性格に見える吉高由里子さんの生い立ちや家族構成を調べてみました。

調べていると、明るい吉高さんが「そんな」人生を送っていたなんてと思うこともありました。

エンターテイメント的な感じでお楽しみくださればと思います。

 

吉高由里子の生い立ち


10代前半の頃の吉高由里子さんの願いは「一人になりたい・何もしたくない・逃げてしまいたい」だったそうです。

吉高さんのキャラとはほど遠いと思いませんか?

彼女の生い立ちにヒントがあるかもしれません。

 

吉高由里子の幼少期~小学生時代/子供の頃

幼い頃からの習い事は、「そろばん」・「新体操」・「水泳」だった吉高さん。

初恋は幼稚園時代の頃の園の先生で、その先生の足の指の毛を抜くのが好きだったそうです。

吉高さんは、霊感があったのか子供の女の子の霊と仲良くなり、彼女が部屋に入ると電気やテレビをつけてくれたり、翌日起こしてと言うと起こしてくれたとのこと。

 

吉高さんがスカートを嫌いになったのは、小学1年生の時で、上級生にスカートめくりをされたことがきっかけで、大人になってもスカートはほとんど着ないそうです。

この小学校時代にイジメを経験している彼女で、いじめる側の理由は「死んだ魚の目のような顔をしてる」だったからでした。

その頃の吉高さんは、実家が経営している従業員たちの裏表の顔を知り、人間不信になっていたそうで、学校でも友達がほとんどいなかったとか。

 

中学生時代

世田谷区立深沢中学校

吉高さんの中学生時代の情報は少ないようですが、この頃にモデルを始めたという情報があります。

 

両親の離婚


中学生から高校生になる時期に、吉高さんの父親と母親が離婚したと云われていて、父親が吉高さん兄弟を育てるようになったようです。

この離婚から、母親の代わりに父方の祖母が吉高さんたちの面倒を見てくれたのですが、祖母は母親に会うことを許してくれず、堂々と会うことは出来ずこっそり会っていたことをインタビューで明かしていました。

その頃の吉高さんは、父親の仕事を祖母が手伝っていたため、祖母が家にいないこも多々あり彼女が食事を作ったり、家事をしていたと云われています。

 

高校時代

 

 

吉高さんの高校1年生の時に、原宿で買い物をしているところをスカウトされたことが芸能界に入るきっかけになり、女性担当者だったことで吉高さんは気を許して連絡先を教えてしまったそうです。

吉高さんが高校1年生の時の高校は地元の都立深沢高校に通っていたそうですが、この高校時代に自分の誕生日に好きな男性に告白してフラれてしまう経験をしたとのこと。

フラれた理由が「友達にしか思えない」だったとか。

 

学業と仕事の両立のが難しいからか、2年生から通信制高校に転校しますが、焼き肉ややディスカウントストアでバイトをしたり、実家の店の手伝いをしたり大急ぎの吉高さんだったようです。

ですが、時間が空けば渋谷で遊び、楽しんだ吉高さんでした。

 

吉高さんが2年生の時の転校先は堀越高校と一部では云われていますが、堀越には通信制がなく、堀越の卒業生の欄に吉高さんの名前がないことより、堀越ではないように思われます。

 

吉高由里子の高校の偏差値

深沢高等学校:偏差値42(執筆時)

 

一部参考元:cinematoday・みんなの高校情報

 

吉高由里子の実家と家族や構成

 

吉高由里子の実家の仕事

 

 

東京都の世田谷区にあったセブンイレブン日本体育大学店」で、住所は駒沢5丁目15−11でして、現在は閉店しています。

閉店した店の向かい側に「セブンイレブン日本体育大学店」が2020年1月17日に新しく開店しました。

この店の経営を吉高さんの父親がしているのか否かは分っておりません。

 

ぱんちゃん

谷原章介さんや国分太一さんも実家のコンビにの常連だと、吉高さんがテレビ番組で明かしていわ♪

モーモー

キレイな子がいるって有名だったんでしょ?!

 

吉高由里子の家族構成

吉高由里子さんの家族は4人で、構成は父親・祖母・兄と吉高さんの4人になるようです。

 

吉高由里子の家族

 

吉高さんは、祖母に育てられたことで広島弁と父が話す関西弁の両方話せるトリリンガルだそう♪

ぱんちゃん

広島弁+関西弁+標準語でトリリンガル(笑)

 

吉高由里子の父親

関西出身で、吉高さんの父親方の祖父が関西の方だそうです。

吉高さんの父親である息子が、ある程度大きくなった時に関西から東京に引越しをしたと云われています。

 

吉高由里子の祖母

 

広島生まれの広島育ちですが、関西に行き、そこで知り合った祖父と結婚。

吉高家のお好み焼きは、関西風ではなく、広島風が当たり前だとか。

この祖母は広島原爆の時に、原爆投下時の記憶が今でも残っていて「地獄を見た』と1945年8月6日に語っているそうです。

 

吉高由里子の兄弟は兄一人

吉高さんのお兄さんは、ご結婚されていて、お二人の息子さんに恵まれているそうです。

このお兄さんの顔に付いて、吉高さんは「加瀬亮」さんに似ていることを2003年公開の映画『重力ピエロ』のトークショーイベントで明かしていました。

 

吉高由里子の母親

 

吉高さんのご両親について「離婚」と先にお伝えしいますが、母親が蒸発したとも云われています。

離婚する前までは、母親と父親が一緒にコンビニ経営をしていたらしいです。

吉高さんの幼い思い出で「お母さんはアクティブな人だったので、小さい頃はいろんなところに連れていってもらった」とインタビューで語っていました。

 

 

 

 

一部参考元:news-postseven・女性自身・トークバラエティ番組「5LDK」

吉高由里子のプロフィールと経歴

ここでは、吉高由里子さんの簡単なプロフィールと簡単な経歴をさっくりお伝えしています。

 

吉高由里子のプロフィール

芸名:吉高由里子(よしたか ゆりこ)

本名:早瀬由里子(はやせ ゆりこ)
※ある番組ディレクターのツイートで本名が拡散されてしまいました。
そのツイートは現在は削除されています。

出身地:東京都

生年月日:1988年7月22日

身長:157cm

デビュー:2004年

所属事務所:アミューズ

配偶者:なし

趣味:競馬・テレビゲーム・食べること・料理

好きなモノ:お酒(ハイボール)

自分:出不精

弱いモノ:日光。自宅の窓はカーテンが閉めっぱなしにしている

 

吉高由里子の経歴

 

高校1年生:東京の原宿にいるところをスカウト
2005年:映画「ZOO」で芸能界デビューを果たす

2006年:映画『紀子の食卓』で映画デビューし、第28回ヨコハマ映画祭」最優秀新人賞を受賞

2007年:交通事故で顎の骨を折る重傷を負ってICUに5日間入院
診断は全治6ヵ月だったが1ヵ月半で治る

2008年:映画『蛇にピアス』で話題になり、代表作となる

2009年: ドラマ『東京DOGS」で初ヒロインに抜擢される

2010年:NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』で主演女優と認知されるようになった

現在もドラマなどでご活躍中

 

吉高由里子の名前の由来

 

吉高由里子さんの「吉高」の苗字は芸名ですが、この名前は父親と兄の名前の一文字ずつを付けた名前だそうです。

 

おわりに

今回は、吉高由里子さんの出身校を交えた生い立ちや家族や構成に付いて紹介したました。

なかなか大変な経験をした吉高さんなようですね。

これからも吉高さんを応援したいと思います。

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

吉高由里子SNS

Twitter

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あんび

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。