芳根京子の生い立ちや実家の家族をまとめて紹介!出身校もやエピソードと画像も!

Sponsored Links








こんにちは!

ここでは、本名でご活躍されている芳根京子(よしねきょうこ)さんの生い立ちや出身校と心温まる仲良しな実家家族などのことをできるだけ詳しく紹介しています。

芳根京子さんのビギナー入門書にしてくだされば幸いです(๑•̀◡-)و.。.:*

※旧タイトルは「芳根京子の生い立ちや実家の家族構成をまとめて紹介!出身校もやエピソードも!」の記事を、2022年6月にリニューアルしました。
また、この記事でお伝えしていることは執筆時のものであり、現在では異なる場合がありますのであらかじめご了承の上、お読みくださいませ(♡ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾

 

目次

芳根京子の生い立ちや出身校

出典:芳根京子Instagram

芳根京子の幼児期~小学時代

芳根京子の幼少期の旅行

芳根さんの幼少期であまり記憶がないときにハワイ旅行をしたそうです。

芳根京子の2歳の頃の食べ物

2歳の頃から大のトマト好きになった芳根さんですが、母親に「体の8割はトマトでできていると言っても過言ではない」と言われたこともあるようで、箱買いした1キロのトマトを1度で平らげた時は、お腹が痛くなったんだとか。

芳根さん曰く、「一般の人が食べる一生分のトマトは多分食べ切った」とのこと。

この頃は野菜が大好きなお子様だったようで、ナスなど野菜を切っている端から食べていたとか。

ナスは嫌いになってしまった現在で、ナス以外にもピーマンなど食べられない野菜は多いそうです。

芳根京子のスカウト歴は3歳から

芳根さんがスカウトをされるようになったのは、3歳の頃からだそうで、2013年(16歳当時)も1日に5回ほどお声がけされていたそうです。

芳根京子の幼少期の消し去りたいエピソード

芳根京子さんの幼少期~小学時代は、お友達など人の後ろをついていくような「妹気質」で、自分以外の人が怖かったそうです。

「怖いから他人と関わらないようにしよう」と思っていたそうで、他人に興味が持てなかったとか。

芳根さんが通っていた幼稚園で人見知りトップ1だったそうで、人との交流が出来なく友達がいなかったこの幼稚園時代の頃を消し去りたいとのこと。

また、自分の気持ちを伝えることも苦手で、親にでも食べたい食べ物すら伝えることができなかったそうです。

芳根京子の出身幼稚園は桃井幼稚園

出典:https://twitter.com/ksmkyon_0213

芳根さんの通っていた幼稚園は”桃井幼稚園”だそうですが、この幼稚園で同じクラスにいた有名人がいらっしゃいます。

その方は岩橋玄樹さんで、King & Princeの元メンバーだったとか。

さて、その頃の芳根さんの夢はパンダになることだったそう。

芳根京子の幼稚園時代からの習い事

芳根さんは、幼稚園時代からピアノと新体操を習っていたそうです。

芳根京子の出身小学校:杉並区立沓掛(くつかけ)小学校

芳根さんの小学校の住所:〒167-0033 東京都杉並区清水3丁目1−9

この時代も芳根さんは引っ込み思案で、友達はほとんどいなかったそうです。

「自分なんて…」とついついネガティブに考えてしまうことが多かったらしく、人と話すことに苦手意識があったみたい。

小学時代の芳根さんはに吹奏楽部でフルートを担当したいたそうです。

芳根京子の小学時代の夢

この頃の彼女の夢は、パン屋さんかお花屋さんだったとか。

芳根京子の小学時代の習い事

幼稚園時代から習い始めたピアノと新体操は小学時代にも続いていましたが、コントラバス奏者の叔父と、ピアニストだった叔母の影響でフルートをこの時代から習い始めたそうです。

芳根京子の初恋

芳根さんの初恋は小6の同級生だったそうです。

足が速くてスポーツ万能のお相手だったそうで、バレンタインのときにチョコレートを渡したとのこと。

参考元:マイナビニュース2021年8月28日・RBB TODAY2018年8月23KADOKAWA (2018年3月14日)SANSPO.COM (産経デジタル)2013.1.12 04:33ザテレビジョン2020/01/15ザテレビジョン2019/11/26ザテレビジョン2019/10/19ザテレビジョン2015/07/24テレビジョン2021/02/08resumediaPASONICA JPN・ほか

 

芳根京子の中学時代

出典:芳根京子&staff Twitter

芳根京子の出身中学校:杉並区立中瀬中学校

芳根さんの中学時代の部活は、吹奏楽部に所属し、主にフルートを担当していたそうです。

その他、チューバやピッコロも担当していて、合唱コンクールでは3年間ピアノ伴奏を担当していたという器用な芳根さんです。

吹奏楽部は祖母に勧められたんだって。

部活が好きだった芳根さんは、部活に出たいがため、熱があっても早退しなかったとか。

その頃の芳根さんは部活以外に興味がなく、毎日の朝練に出て授業を受けて放課後はまた部活で、練習に明け暮れていたそうです。

その他にピアノも習っていたので、帰宅後は食事をして、入浴して21時に就寝したかったそうで、テレビや映画はほとんど観たことがなかったそうです。

学校でも5教科よりも実技のほうが得意だったとか。

芳根京子の気質の変化

芳根さんが1年で吹奏楽部の仮入部の時期だったのに、先生に「演奏会のメンバーに入ってくれない?」とフルート経験者ということでお声掛けがあったそうです。

1年生で1人だけ演奏会に参加できたことで自信になり、”自分を必要としていくれる人がいる”という感覚になれたんだとか。

それプラス、波長が合う子にたくさん出会え、「自分の意見を言っていいんだ」と思えるようになり、そこからすごく明るくなったそうです。

芳根京の中学時代の友達

中学時代は吹奏楽部に所属していた芳根さんでしたが、他のいろんな部活の人たちと仲が良くなり、バレーボール部の人たちとディズニーランドに遊びに行ったりして楽しんでいたそうです。

中学の卒業の時には「一番友達の輪が広い人」といわれる程に・・・。

吹奏楽部の先生のお声掛けがきっかけで変貌したようですね。

芳根京子の中2のエピソード

芳根さんは中2の時に、ギランバレー症候群を患い、彼女曰く、「1年間くらいは普通に学校に通うことが難しい時期はありました」とのこと。

ギランバレー症候群は、筋肉を動かす運動神経が傷害されて、両手両足に力が入らなくなる症状がある大変な病気ですが、難病指定に入っていないようです。

この病気は、女優の大原麗子さんも患っていたようですので、詳しくは厚生労働省の指定難病をご覧くださいませ。

芳根さんは、同じ病気で亡くなった例もあると聞き、命の重さを実感したそうです。

彼女は病気が完治すると、生活に全く支障はなく、足が速くなったり、持久走で1位になったりもしているとのこと。

芳根京子の中学時代の青春

好きな男子に結末を考えず芳根さん自ら告白をしたことがあったそうです。

大人になった芳根さんは「あの頃は若かったですねぇ」とインタビューに答えていました。

芳根京子の人生設計

芳根さんの中学時代に思い描いていた人生設計は、「料理の専門学校→就職し→結婚」だったそうです。

芸能界入りをしていなければ、料理関係の仕事に就いていたとか。

参考元:KADOKAWA (2018年3月14日)AbemaTV 2019年10月24日AbemaTV 2019年10月24日NEWSポストセブン2018.01.28Numero TOKYO2018年2月24日Drama&Movie by ORICON NEWS2016-04-06デイリー2016.04.06・厚生労働省の指定難病PASONICA JPNresumedia・ほか

 

芳根京子の高校時

出典:https://twitter.com/bakaninare6

芳根京子が入学した高校:都立深沢高等学校

芳根京子が卒業した(出身)高校:東海大付属望星高等学校(通信制)

芳根さんは、深沢高等学校に入学をしましたが、約1年間の在籍で東海大付属望星高等学校校則に転校したそうです。

転校した理由は、深沢高等学の校則が厳しく、出席日数もクリアできないと感じたためだとか。

この都立高校で過ごした時間は、たくさんの青春やたくさんの楽しい思い出が出来たと芳根さんのブログに書いてありました。

転校した芳根さんでしたが、通信制の高校に転校しても都立高校で出会った友人との仲が深まったり、通信制の高校での新しい出会いに恵まれて月2回のスクーリングが楽しくてたまらなかったとか。

通信制の高校は、自転車と電車を利用して通学をしていたとのこと。

芳根京子の反抗期

芳根さんが15歳当たりの反抗期ですが、芳根さんの反抗期は可愛くて、「次の日の学校で嫌な教科あると、夕方頃から反抗期になります」とブログに書いてありました♪

芳根京子の高校時代のエピソード

芳根京子とスカウト

芳根さんは、高校1年の15歳夏に上地雄輔さんのライブに行ったときにスカウトされたそうです。

ちょうどその頃の芳根さんは、お芝居をする側というよりも、作ることに興味にあった時だったそうで、スカウトされた瞬間に直感が働いたとか。

それは芳根さんの運命を変えることになった8月の出来事でした。

それまではスカウトをされても芸能界に興味がなかった芳根さんでしたが、学園祭でクラスで映画を作る時に、芳根さんは脚本・監督・編集の3役を担当したことで作品を作る楽しさを味わった後のスカウトだったことで、芳根さんは”神様からもらったチャンス”と思ったんだとか♪

芳根京子の芸能界入り後

学園祭でクラスで映画を作成した経験を得たことで、作品を作ることの楽しさを知った芳根さんの芸能界入りは、”本当のドラマや映画はどうやって作ってるんだろう?”という好奇心でいっぱいだったとか。

その当時の芳根さんは16歳だったそうで、楽しいと感じる余裕がなく、言われたらやるという感じで、やる気のない1年を過ごしていたそうです。

芸能界入り2年目を迎える時に、マネージャーに「いま辞めても、事務所にはなんの損も得もないよ」と言われケンカになったとか。

芳根さんは「すごい負けず嫌い」とご自身のことを分析していて、マネージャーから言われたことで、「辞めたら困るくらいに大きくなってやる」と負けず嫌いスイッチがONになったそうです。

そのケンカ後に受けたオーディションが映画『向日葵の丘・1983夏』だったんだとか。

芳根京子の得意な科目と苦手な科目

高校時代の芳根さんの得意な科目は「美術」・「家庭科」・「音楽」・「体育」で、苦手な科目は5教科だったとか。

芳根京子の高校時代の目標

芳根さんは高校を卒業するまでに、ご自身が率先してクラス全員でどこかに遊びに行くことだったそうです。

参考元:芳根京子ブログ2015-03-08・芳根京子ブログ2013-01-29芳根京子ブログ2012-12-31NEWSポストセブン2021.05.21SANSPO.COM (産経デジタル)2013.1.12 04:33Deview2015/07/29ザテレビジョン2015/07/24Numero TOKYO2018年2月24日タレントパワーランキングresumedia・ほか

 

芳根京子の学生時代の夏休み

芳根さんの母親が北海道出身なので、芳根さん家族は毎年家族で北海道に行き、芳根さんの夏休みは北海道で過ごすことが多かったようです。

参考元:マイナビニュース2022/05/25

 

芳根京子の学歴

芳根京子の最終学歴

芳根京子のキョウコノゴロのブログで、「わたしはね、大学へ進学はしません!お料理の専門学校も行きません!」と宣言した芳根さん。

大学などに進学をしていないようですので、現時点での最終学歴は高卒。

芳根京子と大学

音楽が好きな芳根さんは、音大に進学することも考えたことがあったそうです。

芳根さんの音楽が好きという気持ちは、”プロを目指している人と戦っていかなきゃいけない環境の音楽”とは違うと思い、芳根さんにとっての音楽は趣味として楽しく関わっていきたいと答えがでたことから音大に進学をしなかったようです。

参考元:Numero TOKYO2018年2月24日・芳根京子ブログ2015-03-08

 

CMナシで楽しめるU-NEXTは推し!!

 

U-NEXTは登録も解約も超簡単!

 

・約1ヶ月の間観たいあれこれを観ちゃって解約してもOK(ノ*>∀<)ノ♡

・あのNHKも観られちゃうからちょ~お得って感じ(๑♡∀♡๑)

・CMナシだから作品を観ながら時短が出来るヾ(´︶`♡)ノ

 

そ・し・て( ॣ ̫ • ॣ)♡

 

22万本見放題で毎月1,200ptもらえてお買い物が出来る!
お試し中でも600ポイントが当るのよぉ♪・・(๐◊๐”)/ビックリ嬉しい♪

動画・マンガ・雑誌も徹底して楽しめる!

 

U-NEXTの詳しくは ↓ で確認してね⸜(◡̈ )⸝

芳根京子のドラマも<U-NEXT>

 

くまこちゃん

次のページは、芳根京子さんの実家のご家族について紹介していますが、その他に芳根さんの大切な方々もお伝えしています♪

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。