稲森いずみの美容法は?美肌とダイエット法を調査!美しい魅力に迫る

Sponsored Links








今回は、いつまでもオーラを放っている稲森いずみさんことを調べてみました。

稲森いずみの美容法は?美肌とダイエット法を調査!美しい魅力に迫る」と題して、この他に「稲森いずみ流の体ケア」「高須院長が教えてくれる若さの秘訣」もお伝えしていますので、稲森さんの美しさの秘訣をご参考にして頂ければ、幸いです!

Sponsored Links

稲森いずみの美容法

稲森いずみ流美肌・スキンケアの化粧品とグッズは6個

1:保湿:保炭酸パック「セルバルーン」

稲森さんが30代半ばに始めたことで、これを使うと翌日の肌が生まれ変わった感じになるので愛用していました。

兎に角保湿が大切と考えている稲森さんで、キチンと保湿ができていれば、肌は良い状態を保てるので、肌の保湿は当たり前、身体の内も気を遣って水分補給を心がけているそうです。

 

2:美白:資生堂 HAKU メラノフォーカスWを使用

 

3:鼻の毛穴ケア:資生堂 エリクシール ホワイト トーニングローション

稲森さんが30代後半当たりから、油断すると油断すると鼻のあたりの毛穴が開くようになり、エリクシール ホワイト トーニングローションを使用して、毛穴を引き締めることを始めました。

 

 

4:シミ予防美白:ブランシール スペリア ホワイトニング Wコンクルージョン

 

 

5:アベンヌ ウォーター

 

 

6:パナソニック スチーマー ナノケア(EH-SA91)

このスチーマーは約10分使っただけで、良さを実感できるそうで、その有り難さを実感したのは、舞台の仕事中に肌がかぶれて、まぶたの皮もむけてしまった時に、「パナソニック スチーマー ナノケア」と「アベンヌ ウォーター」のW使用ですぐ元の肌に戻ったことでした。

元々、乾燥肌の稲森さんにとってこのW使用は欠かせないものになったようです。

※ここでは、ゴールド調を紹介していますが、お色はピンクもありました。
この画像は可視化しやすいと思い紹介しています。

 

 

稲森いずみのダイエット法

ウォーキング
ジムのトレーナーから効果的なウォーキングを教わり、ウォーキングを始めた稲森さん。

ウォーキングを始めたことで、肌の血行が良くなり、新陳代謝も上がったことを実感した稲森さんは、ウォーキングを日課の一部に取り入れることに。

その、ウォーキングにはコツがあり、上体を高く保ちながら、へその下(丹田)に力を入れ体幹を意識します。

そして、その状態で足ではなく、腰で歩くようなイメージでウォーキングするとのこと。

このウォーキングを始め更に効果が実感できた稲森さんで、稲森さんの腰回りの脂肪がスッキリして、それプラス長年悩んでいた内肩や冷え性・低血圧が改善したそうですよ。

 

稲森いずみ流ウォーキングは、人が少なくなる夜にするそうで、静かになった町並みのウィンドウを見ながらのウォーキングらしくて、ウィンドウショッピングを楽しんでいると長い時は2時間ぐらいしてしまうとか!

こんな嬉しいことずくめな効果を実感したら、ウォーキングを日課にしたくなりますね!

 

その他

稲森さんがしている運動は水泳

水泳をすると、クロールと平泳ぎで25メートルプールを何回も往復をするそうです。

その他に、加圧トレーニングランニングストレッチもしているとか。

ですが、これは日課ではないようです。

 

色々なことを試してきた稲森さんは、自分をいかに良い状態保てるのかを分かってきたそうです。

オフの時でもしっかり体を動かして、体のケアをしている稲森さんでした。

 

稲森いずみ流の体ケア

食事

常にバランスの取れた食生活を意識しているそうで、ロケ中で野菜や果物をタッパーに入れて持って行く稲森さん。

稲森さんが持って来た食べ物と一緒にロケ弁を召し上がって、食のバランスをとっているとのことで、日頃は動物性たんぱく質を意識して食している稲森さんですが、撮影になると中心にたんぱく質をとるとか。

そして、疲れが溜ってきたら、レバーを食べて鉄分の補給もする徹底ぶり。

夏になるとスイカを意識して食べるそうで、スイカを食べると肌の調子が良くなる理由からだそうですよ。

 

 

ドリンク

寝る前に飲んでいるのが青汁

寝る前の水分補給で、体の内から乾燥対策をしている稲森さん。

それプラスミネラル補給になることも嬉しいですね!

青汁を飲んでいても、肌の調子が悪く感じることがあるそうで、その時はビタミンのサプリメントを摂取して内側からケアをしているそうです。

 

グッズ

楽屋:楽屋ではお香を焚いている

 

日常

1:レッグウォーマーを愛用。

レッグウォーマーで、足首を温めると体調が良いと感じるらしく、体全体も温かくなることから日常でも使っているそうです。

 

2:ゲルマニウム入浴剤を使用

ゲルマニウム入浴剤をバスタブに入れ汗を出すようにしているとのこと。

バスタイムも体のケアを怠らない稲森さんですね!

 

3:日焼け止めクリームを使用

 

 

高須院長が教えてくれる若さの秘訣

若さの秘訣三か条

劣化三か条:体重の増減・ネガティブ・日焼け

非劣化三か条:保湿・睡眠・ややぽっちゃり

だそうで、このの補足をお伝えしますね!

 

肌のキレイさ

シミやくすみを防ぎ、肌のハリを保つだけでも印象はかなり違ってくる

 

体重

体重が増減させないことが非常に大事。

若い頃より2キロくらいプラスさせることが、一番若く見える秘訣

 

睡眠

美容の源である睡眠を積極的に確保することが大切。

 

表情

目元口元の表情に気を付ける

目元口元は人の印象を作る部分だから、この2か所が福々しいは女性Good。

口角がキュッとしまっていることは大事!!

 

食事

たんぱく質を摂る食事を心がける。また、何度も揚げているような揚げ物はトランス脂肪酸が多く、老化を早めることになりかねないので注意を!

 

 

稲森いずみの美について

 

「これは先回り型美人だと思う! 彼女は“劣化した!”って慌てる前の“老けそうかな?”っていう早めの時期に、先回りしてメンテしてる気がする……。」は、これはけっこう当たっ

でも、実はそれって肌にもいいんだよ。

例えば、30代の稲森さんはちょっと目の下のたるみや影クマが目立つけど、早めにケアしたせいか、40代になるとなぜか解消してる。

でも、このたるみケアってお産でたるんでしまったシワっぽいお腹と同じで、完全にたるみきってからメンテするよりも、早めにケアした方がシワになりにくいから、きっと彼女は美に対して努力家で勉強家なんだろうね。

引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/13844398/

 

さすが高須院長ですね!

 

稲森いずみさんのことをズバリ!「美に対して努力家で勉強家」と当てています。

稲森さんのご実家は化粧品店で、稲森さんは10代の頃から乾燥肌対策は油分補給と考えていたとか。

「美容オタク」と言われるほど美容と健康への意識が高かく、10代前半から既に日焼け対策をしていたそうです。

今の稲森さんが意識しているのは、水分補給で内面にキチンとそれをしていれば、肌は良い状態を保てるとのこと。

 

勉強家の稲森さんがしていることを取り入れれば、美しくなれるかもですね!!

そして、高須院長の三か条もしっかり意識していれば、光が見える・・・?

 

【合わせて読みたい稲森いずみの関連記事】

稲森いずみ生い立ちは?実家の家族を調査!学歴や出身校と留学先も!

 

おわりに

今回は、「稲森いずみの美容法は?美肌とダイエット法を調査!美しい魅力に迫る」と題し、この他に、「稲森いずみ流の体ケア」「高須院長が教えてくれる若さの秘訣」もお伝えして稲森さんの美しさの秘訣に追って見ました。

稲森さんが試しているスキンケアや運動はそんなに難しいものではないようですので、実践しやすいと思いました。

高須クリニックの院長の若さの秘訣に対してのアドバイスも大切だと思いましたので、紹介しました。

女性だけでなく、男性も有効なのでは?と思ってしまいました。

 

参考になれてみてくださいね!

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございます。

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あんび

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。