萬田久子の生い立ちや出身校は?実家と息子を含め現在の家族も調査!

Sponsored Links








こんにちは!

今回は、いつも明るくて、楽しそうな萬田久子さんの出身校を紹介しながら生い立ちをお伝えしています。

その他には、萬田さんの実家のご家族事実婚の相手をはじめ息子さんなどの現在のご家族ことも綴っています。

よろしければ最後までお付き合いくださいませ♪

萬田久子の生い立ちや出身校

大阪市大正区出身の萬田さんは、幼稚園時代に大阪の健康優良児に選ばれたことがあるそうです。

健康ですくすく育った萬田さんの生い立ちと出身校や偏差値をここではお伝えしています。

萬田久子の幼児期~小学時代

出典:CUBE0319

出典:スタディピア

 

萬田久子の出身小学校:大阪市立泉尾東小学校

スタディピアによると、萬田さん母校になる小学校は大阪市大正区の「泉尾東小学校」だそうです。

小学校時代の萬田さんは、優秀で成績はほぼオール5で、学級委員を何度もやったとか。

 

萬田久子の中学時代

出典:思い出こみゅ

 

萬田久子の出身中学校:大阪市立大正中央中学校

萬田さんの母校になる中学校は、「思い出こみゅ」によると大阪市立大正中央中学校になるようです。

中学校でも萬田さんは成績優秀で、特に理数系と相性が良かったみたいです。

優秀な萬田さんが選んだ部活は体操部でしたが、半年で退部していまいました。

それは、「タコ」「コンニャク」と呼ばれる程柔らかかった体に恵まれた萬田さんでしたが、腕力がなかったので出来ない技が多かったのだとか。

 

萬田久子の高校時代

出典:みんなの高校情報

 

萬田久子の出身高校:大阪府立港高校

偏差値:47(参考元はみんなの高校情報:2021年2月執筆時)

高校時代の萬田さんは、何度も遅刻しそうになってもヘアスタイルがバッチリになるまで登校はしなかったそうです。

そんなオシャレな萬田さんでしたが、高校時代の体重は65㎏で、あだ名は「マンブー」。

萬田さんがダイエットをしようと決意したきっかけは、男子の一言だったそうです。

 

「女子プロレスに行けば?」

 

この一言が20㎏の減量を成功させたのでした。

※詳しくは以下にある「萬田久子関連記事」をどうぞ♪

 

フライトアテンダントか美容部員になりたいと思っていた萬田さんで、高3の時、フライトアテンダント志望で全日空の入社試験を受けますが、英語が苦手だったためか不合格になってしまったそうです。

 

 

ぱんちゃん

テニス部に所属していた萬田さんですが、たこ焼きを60個食べたエピソードがあるみたいです。

モーモー

この時代に、5日間家出をしたことがあるそうで、その時は友達の家に泊めてもらったそうですよ。

ぱんちゃん

青春ねぇ~♪

 

萬田久子の大学時代

出典:有名人の出身大学ランキング

 

出典:CUBE0319

萬田久子の出身大学:帝塚山短期大学卒業

萬田さんの母校となる大学は、「有名人の出身大学ランキング」によると、帝塚山大学短期大学部になるようです。

偏差値42.5-50.0(参考元はみんなの大学情報・202年2月執筆時)

 

まだ10代でも30代に見られていた萬田さんで、ホステスのスカウトされることがしょっちゅうあったとかないとか(笑)

 

上の画像は19歳の時の萬田さんですが、10代とは思えないオーラがあると思っちゃった!

あなた様はどう思われましたか?!

 

萬田久子の学歴

萬田さんは、短大卒になるかと思われます。

 

 

萬田久子の実家

NHKの『ファミリーヒストリー』では萬田家のご先祖は現在の愛媛県八幡浜市にあり、漁業で生計を立てていたとのこと。

台風で大被害にあったことで祖父の代で大阪に移り、印刷所を創業してたそうです。

萬田久子の実家

 

肉屋説

萬田さんは、大阪市大正区出身と云われていまして、大正区で「萬田」で検索をしてみると、そこから近い距離にあったのが「肉の萬田」・「萬田精肉店」がヒットしました。

ですが、萬田さんのご実家が経営していたか否は判りません

元々、大阪府松原市にある精肉卸業「肉のマンタ」が萬田さんの実家経営だと噂が流れたようです。

2016年9月15日放送されたNHKの『ファミリーヒストリー』では、萬田さんのご家族が精肉店を営んでいたお話はなかったようですので、精肉店はかと思いました。

 

印刷業説

NHKの番組『ファミリーヒストリー』によると萬田家のルーツは愛媛県川之石(現在は八幡浜市)であるそうです。

萬田家は元々、愛媛の出身で漁業で生計を立てていましたが、台風でのせいで大被害をこうむったことで、祖父は大阪に移転しその地で印刷業の「勝栄堂印刷所」を開業したとのこと。

現在、萬田印刷所があった場所は、病院になっているそうですが、萬田さんのお父さんがご結婚前に「勝栄堂印刷所」を復活されているそうです。

ですので、萬田さんのお父さんが印刷業をしていたのは、間違いではないと思います。

ご結婚されてからはこの印刷業を経営し続けたかまでは分りませんでした。

 

萬田久子の実家の場所

萬田さんの母校である小学校と中学校の地図からみると、この範囲の4㎞以内にご実家があると思われます。

 

萬田久子の実家の構成

父・母・萬田さん・弟の構成で4人家族だったと思われます。

萬田久子の実家家族

両親

昭和32年(1957年)に、当時29歳父と25歳の母がお見合いで結婚したそうです。

萬田さんのお父さんはお母さんより4つ年上みたいですね。

 

父親:萬田榮久

25歳で車を購入し、お酒の配達をする仕事をしながらお金を貯め、祖父が営んでいた印刷業「勝栄堂印刷所」を復活させたとのこと。

萬田さんの弟が生れ、収入を増やすためにお酒の配達を辞め、中央卸売市場での運送業を始めたお父さんでした。

萬田さんのお父さん・萬田榮久さんは、萬田さんがミス・ユニバースで優勝してから2ヶ月後に突然倒れ享年50歳でお亡くなりになったそうです。

 

母親:萬田孝子(旧姓:母奥地孝子)

モデル・伊東絹子と同年代だと云われていることから、孝子さんの生まれは1932年かと思われます。

お母さんで分ったことは、大阪市大正区で生れた孝子さんは、洋裁学校を卒業し、その後は新宮の仕立て屋で働き始めたそうです。

萬田さんの弟が生れてからは、家計を助けるために近所の人たちから注文を受けて洋裁の仕事をはじめ、ずっと続けていたとのこと。

お母さんは社交的な性格で、典型的な「大阪のおばちゃん」で、しょっちゅう人が集まる賑やかな萬田家だったとか♪

 

食べるのが好きなお母さんは、肺の病気で73歳の時に他界されました。

 

ぱんちゃん

母親手作りの洋服をずっと着ていた萬田さんは、。ジーンズなどの既製服が着たくなり、お母さんとケンカした思い出があるそうです。

 

弟:萬田拓也

昭和39年(1964年)に萬田家の長男・拓也さんが誕生しました。

萬田さんは、弟・拓也さんから「チャコちゃん」と呼ばれているそうです。

 

 

次のページは、萬田さんの実家以外のご家族のことや住まいについてお伝えしています。

 

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あんび

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。