※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

柳田将洋の両親は離婚して弟が一人!結婚相手は一般人?実家&現在の家族をまとめて紹介!

Sponsored Links








バレーボールの柳田将洋選手のご家族についてここではお伝えしています。

柳田選手のご実家は、父親・母親と弟の4人家族だったようですが、途中から3人家族になったようです。

ここでは「柳田将洋の両親は離婚して弟が一人!結婚相手は一般人?実家&現在の家族をまとめて紹介!」と題して、ご家族のことを紹介しています。

「柳田将洋の家族構成は?父・母・弟を調査!親孝行のエピソードも紹介」の旧タイトルの記事を、2023年4月にタイトルを変更してリニューアルしました。
この記事でお伝えしていることは執筆時のものであり、現在では異なる場合がありますのであらかじめご了承の上、お読みくださいませ(♡ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾
また、情報に誤りがあった場合など、ご指摘いただけると幸いです。



>>心のモヤモヤを晴らしてみない?ココナラ

柳田将洋のプロフィール

名前:柳田将洋(やなぎだ まさひろ)

生年月日:1992年7月6日

出身地:東京都江戸川区

出身高校:東洋高等学校 (2011年3月卒業)

高校のあだ名:神(かみ)・・・ストイックで妥協を一切しなかったため

出身大学:慶応義塾大学

身長:186㎝

体重:80㎏

血液型:O

利き手:右

スパイク:335cm

ブロック:315cm

所属:ジェイテクトSTINGS(2023年4月時点)

所属事務所:株式会社アミューズ

柳田将洋の父親は柳田洋治で身長188㎝の元バレーボール選手

柳田選手の父親のお名前は、柳田洋治(ようじ)さんで、身長188㎝の9人制の元バレーボールの選手でした。

お仕事は、建築士で、柳田選手の夢は父親と同じ建築士になることだったそうですよ。

柳田選手は絵を描くのが好きだったそうで、家を設計したり、建てることに興味があったとか。

柳田選手の母親曰く、「美術館にもよく行っていた」とのこと。

柳田選手の出身の安田学園中学校は、父親の出身校でもあるんだとか。

柳田選手のご両親が離婚されても、父親は柳田選手にとって良きアドバイザーをしていて、離れて暮らすようになっても、柳田選手が通っていた「小岩クラブ」にせっせと足を運んで柳田選手にアドバイスをしていたそうです。

柳田選手の美しいフォームの基礎ができたのは、父親の指導のお陰だそうです。

因みに、2020年2月時点で、お父さんの年齢は57歳・柳田選手は27歳・・・30歳の歳の差がある親子になると思います。

柳田将洋の父親と関田誠大の父親は友達

柳田選手と関田選手の父親同士は友達で、出身の区も近いだんだとか。

東洋高校に進学した関田選手でしたが、これは柳田選手に誘われたからでした。

高校卒業後はお互い違う大学に進学しましたが、一緒に飲みに行っていたようです。

仲が良い関係は今でも続いているお二人でした。

柳田将洋の母親は柳田英子で元バレーボール選手

出典:jajing@formula_jai

柳田選手の母親のお名前は、柳田英子(ひでこ)さんで、母親も9人制バレーボールの元選手だったそうです。

残念ながら、柳田選手のご両親は柳田選手が8歳の時に離婚されています。

母親の英子さんが、柳田選手と弟さんを引き取り、シングルマザーでお育てになられました。

大変なご苦労をされたと思います。
英子さんは三つの仕事を掛け持ちしていたこともあるとか・・・。

英子さんと柳田選手・弟の貴洋さんとマンションで3人暮らしをしていたそうですよ。

因みに、母親の誕生日は8月14日当たりで、柳田選手とは30歳の歳の差があります。

両親は同じ歳同士でご結婚されたのかもしれません。

母親の英子さんも父親も、柳田選手が決めたことを尊重するご両親で、否定的なことを言わなかったそうです。

柳田選手に考える習慣を付けさせる為なのか、「何故、そう思うのか?」と質問は多々されたそうで、この質問のお陰で、柳田選手は物事をしっかり考えられるようになったとのこと。

そして、母親の英子さんは特に、「あなたが考えて決めたことなんだから」と言っていつも背中を押してくれていたんだとか。

柳田将洋のお母さんを抱っこしたエピソード

これは、柳田選手が高校3年の時に、卒業前のバレー部での「3年を送る会」の時に母親をお姫様抱っこをしたのした。

「お弁当を作ってくれたり、応援してくれて本当にありがとう」と言って抱き上げたそうですよ。

それ以降、バレー部の伝統行事になったお姫様抱っこでした。

柳田選手と母親については朝日新聞でご覧いただけます。

柳田将洋の兄弟は弟が一人で4歳年下の柳田貴洋

向かって左側が柳田選手で、向かって右側が弟・貴洋さんの幼少期の写真です。

柳田選手の兄弟は弟が一人で、柳田貴洋(やなぎだ たかひろ)さんで、プロのバレーボーラーとして活躍をしたりしていたようです。

その後は2023年3月末に2年間勤めていた会社を辞めて独立してたそうですよ。

母子家庭後の柳田選手は、「弟が家で一人でいるからさきに帰る」と言って友達の誘いを断って、弟が待っている自宅に帰宅していたそうです。

柳田貴洋のプロフィール

生年月日:1996年4月15日

年齢:27歳(2023年4月時点)

出身地:東京都

出身中学:駿台学園中学校

出身高校:東洋高等学校

出身大学:中央大学

身長:184cm

体重:75㎏

血液型:O

最高到達点:325cm

ポジション:リベロ

柳田貴洋の略歴

小学1年生からバレーボールを始める

駿台学園中学に入学。
1年生からスタメンで活躍し、全日本中学バレーボール選手権で3連覇を成し遂げる。
2・3年生の時は、ジュニアオリンピックカップの選抜メンバーとしてプレーし優勝する。

兄・将洋選手と同じ東洋高校入学
インターハイ準優勝、高校選抜にも選ばれる。

中央大学進学
1・2年生は優勝、3年生は3位、4年生はベスト8という結果を残す

商社からの内定を辞退して、プロのバレーボール選手の道を選んだ。

イタリアのリーグ2部と契約

2ヶ月後に帰国し、しばらくして千葉県の高校で外部コーチとしてバレーの指導をする

2022年6月1日に葛飾区で婚姻届を出す。
妻の身長は174㎝。

2023年2月に第一子が誕生

2023年3月31日付けで会社を退職し、独立。

柳田将洋の結婚は2019年9月で相手は一般人

出典:柳田貴洋Instagram

上の画像は弟のお子様です。

2021年9月24日に、柳田選手のSNSで入籍の報告がございました。

「いつも応援してくださる皆様へ」

いつもたくさんの応援ありがとうございます。

まだまだ世の中が大変な時期に、私事で大変恐縮ではございますが、

私、柳田将洋は兼ねてよりお付き合いしていた方と入籍致しました事をご報告させていただきます。

競技を通して今後更に選手として、そして人として成長する事ができるように引き続き精進して参ります。

引用元:柳田将洋インスタグラム

と言った内容を直筆メッセージの報告してくれたのでした。

柳田の結婚相手ですが、2021年9月24日の日刊スポーツには一般人と記載されていました。

柳田選手は、結婚相手の情報を非公開にしているようで、それ以外の情報は現時点では一切ございませんでした。

お子様の情報もないことから、柳田選手の現在の家族は、柳田選手ご本人と妻の構成の2人家族と思われます。

柳田将洋の噂の結婚相手は河合由貴(かわい ゆき)

柳田将洋の高校時代からの交際相手は2つ年上の河合由貴

河合さんとは、高校時代から交際をしていたそうで2学年上。

もっと詳しくお伝えするなら、柳田選手が高3の時からのお付き合いだったとか。

SNS上でも堂々と交際していたことで、周知の事実であるようです。

噂になっている河合さんは、元バレーボール日本代表でしたが、今は引退されているので「一般人」になっているのも噂になった一つの種。

河合由貴のプロフィール

生年月日:1990年1月22日

出身地:大分県速見郡日出町

身長:168cm

体重:62kg

血液型:AB型

ポジション:S

所属:JTマーヴェラス(2008-2011年)→ヴィクトリーナ姫路(2016-2019年)

引退発表:2019年4月24日

 

柳田選手の結婚相手については、あなた様のご判断にお任せいたしますね♡

「柳田将洋の両親は離婚して弟が一人!結婚相手は一般人?実家&現在の家族をまとめて紹介!」と題してお伝えしました。

未来には追記があるかもしれませんが、今回はこれでおしまいです。

お付き合いを頂きまして、ありがとうございます。

この記事の参考元:旧記事「柳田将洋の家族構成は?父・母・弟を調査!親孝行のエピソードも紹介」・女性自身2016/05/31・ジェイテクトSTINGS・柳田貴洋Instagram・日刊スポーツ2021年9月24日・朝日新聞デジタル2020年3月25日・朝日新聞DIGITAL2020年3月23日 ・4years.2019/09/26・テラコヤプラス2023.01.24・Twitter・ほか

他の選手の記事はいかがですか?

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。