藤井直伸のプロフィールと経歴は?バレーを辞めようとした理由も!

Sponsored Links








こんにちは!あんびです。

今回は、心の底から「ありがとう!」と感謝をしている藤井直伸選手にベクトルを向けてみました。

藤井選手のポジションはセッターです。

私が初めて藤井選手のプレーを見た時に思ったのことは「トスのマジシャンかっ!!」でした。

そう思うほど藤井選手のトスに見入ってしまったのでした。

 

そんな藤井選手のことを「藤井直伸のプロフィールと経歴は?バレーを辞めようとした理由も!」と題しまして、そして、怪我をしてからの心境の変化ワールドカップ2019での活躍シーンについても紹介いたします。

 

Sponsored Links

 

藤井直伸のプロフィールと経歴|バレーを辞めようとした理由は東日本大震災

 

藤井直伸のプロフィール

名前:藤井直伸(ふじい なおのぶ)

生年月日:1992年1月5日

出身地宮城県石巻市

身長:183cm

体重:80kg

血液型:O型

出身中学校:石巻市立大須中学校

出身高校:古川工業高校

出身大学:順天堂大学

ポジション:セッター(S)

得意なこと:漢字

得意なプレー:ブロッカーとの駆け引き

好きな食べ物:タピオカ

 

藤井直伸の経歴

藤井直伸選手がバレーを始めたのは、中学に入学した時からで、バレー選手にしては遅いかもしれませんね。
その入学した石巻市立大須中学校には、バレーボール部しかなかったからでした。

中学を卒業して、古川工業高校に進学をしても藤井選手はバレーを続けましたが、全国大会に出場経験はできませんでした。

そして、順天堂大学でもバレーを続け、学4年の時にセッターとしてレギュラー入りを果たし、2013年11月にV・プレミアリーグの東レ・アローズの内定選手となり、現在もセッターでご活躍中です。

2016/17のVリーグ優勝に導いたときに、李博選手との高速コンビが目に留まって、2017年に初日本代表に選出されたそうです。

 

李博選手と藤井選手のコンビプレーは、「藤井選手のプロフィール」の下にある動画でご覧いただけますよ!

お二人のそのプレーを見た私は、鳥肌が立ったくらい感動しました。

スパイカーによって使い分けているトスワークやクイックをお楽しみ頂ければっと思います!!

 

藤井直伸がバレーを辞めようとした理由

藤井選手のご実家は宮城県石巻市で、お父様の俊光さんは水産会社でお仕事をされていました。

ですが、2013年3月11日の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)で、お父様は職を失うことに・・・。

そして、藤井さんのご実家もその時に被害に遭われたそうです。

その時は広島で合宿していた藤井選手。

家族の安否を確認した後、すぐに実家へ向かいましたが、たどり着くまでには1週間も掛かったそうですよ。

この災害に遭ったことにより、藤井選手は学費が払えなくなり、バレー(大学)を辞めようとしましたが、順天堂大学の理事長の厚情により学費が免除になったことで、バレーを続けられたのでした。

 

理事長ナイス!!だと思いませんか?

私は藤井選手がバレーを続けていてくれて、心から良かったと思っています。

相手の状況を瞬時に判断してあげるトスワークは、見事で目で追ってしまうくらい(笑)

本当に良かった!!

 

藤井直伸の心境の変化

2019年2月10日に、JTサンダーズとの試合中に左手の甲を骨折してしまいました。

1セット10−13の場面で、藤井選手がネット近くの床に落ちるボールを必死に取りに行った時に痛めてしまったそうです。

ですが、その事故の4ヶ月後に藤井選手は帰って来てくれました!!

怪我をしてバレーから離れてみたことで藤井選手の心境に変化がありました。

それは、バレーを楽しみたいと思えことだそうです。

 

藤井選手、お帰りなさい!!

 

 

藤井選手が李博選手を怖いと思ったエピソードの記事

李博の経歴(高校・大学)は?他選手から怖いと思われたエピソードも

 

 

 

藤井直伸のワールドカップ2019での活躍

 

2019年10月2日 ポーランド戦

藤田選手は、第二セット~第四セットの途中から関田選手と交代して、プレー魅せてくれました。

動画の2:00当たりはセッターで有りながら、ボールを拾い続ける藤田選手がご覧いただけます。

このシーンにも私は感動をしたのでした。

諦めない!っという気持ちが伝わってきたのかもしれませんね。

 

第二セット目で、メンバーが「柳田選手・藤井選手・山本選手・李選手・西田選手・福澤選手」になった時のプレーは凄かった。

日本勢の空気がガラッと変わった感じで、ポーランドに点を重ねていったのです!!

この6プレーヤーの時は、全てが上手く回っていたように思いました。

 

2019年10月14日 カナダ戦


このカナダ戦では藤井選手はスタメン出場でした。

藤井選手が上げる素晴らしいトスを思う存分観られることができました。

 

藤井選手の素晴らしいとことは、コートは当たり前、ベンチにいても真っ先に喜ぶ選手で、少年のような純粋さを感じました。

そして、トスの素晴らしさは当たりまでですが、レシーブもよくする選手で、藤井選手のプレーに魅了されっぱなしのワールドカップバレーでした~。

セッターでナンバーoneだと私は思っています!!

 

おわりに

今回は、怪我をしも見事に復帰をしてくれた藤井選手のことを「藤井直伸のプロフィールと経歴は?バレーを辞めようとした理由も!」と題して、ご紹介しました。

強気のトスワーク・駆け引きが絶妙・仕掛ける能力にたけていて、李博との高速コンビで目を見張るプレーを魅せてくれる藤井選手。

これからもどうかご活躍をしてくださいませ!!

そして、これからも応援をします。

 

最後までお付き合いして頂き、ありがとうございます。

※画像をクリックしてくださるとまとめページに移ります。

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あんび

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。