新木優子の生い立ちや家族構成は?学生時代のエピソードを交えて紹介

Sponsored Links








こんにちは!

今回は、ハーフ?って思っちゃうほど綺麗なお顔立ちの新木優子さんの生い立ちをエピソードを交えてお伝えいたします。

その他、家族構成・信仰している宗教や結婚についてもお伝えしていますので、よろければ最後までお付き合いくださいませ。

 

新木優子の生い立ち

 

1993年12月15日にお生まれなった新木優子さんのご出身は東京都板橋区。

父親の仕事の都合で、新木さんが中学生の頃から神奈川県に住んでいたそうです。

(小学校から神奈川県に行ったと言う説もあります)

ここでは、新木さんの生い立ちをお伝えする前に、「新木さんハーフ説」から始めて参りますね♪

 

新木優子はハーフではない

新木さんは、ハーフでなく日本人だそうです。

ハッキリした美しいお顔立ちだから「ハーフ説」が流れたのかもしれません。

 

後、新木さんのハーフ説で「韓国ハーフ」と云う噂も流れたいるようです。

新木さんは、韓国が好きでちょこちょこ韓国旅行に出掛けている姿をご自身のインスタでアップしています。

そんなことから「実家に帰っているのではないか?

新木優子は「韓国人のハーフ」となってしまったようです。

 

その他では、韓国のアイドルグループf(x)のクリスタルさんと似ていることも噂になった理由の一つかと思われます。

 

ぱんちゃん

美しいとすぐ「ハーフ」と思われちゃうかもね♪

 

新木優子の子供時代(小さい頃~小学校時代)

画像元:Googleサーチ

 

新木優子さんの初恋は幼稚園の時だったそうです。

画像のように、新木さんの口の形が“への字”であったことから、いつも怒っているように見られていたとか。

小さい頃は、天真爛漫なお子さんで、外で遊ぶのが大好きで、木登りをよくしていたそうです。

この頃から動物が好きで、犬を見つけると触りたくて追いかけていたとのこと。

 

2004年・新木さんの小学5生の時に原宿の竹下通りで買い物をしている時にでスカウトされ、芸能界にデビューしました。

 

新木優子の中学校時代

画像引用元:Googleサーチ

 

新木優子さんが通っていた中学校は横浜市港北区にある学校に通っていたと云われています。

 

中学校時代のエピソードは、同じ男子に3回告白をしてフラれてしまったことがあるそうです。

期間は半年に1回の告白を続け、最終告白は高校に入る前に告白したそうですが、撃沈したようです。

 

ぱんちゃん

最終告白の時は、白黒付けたかったそうよ。

モーモー

それと、高校が別になっちゃったら忘れられると思ったらしいわ。

 

ぱんちゃん

ふふふ。この話にはオチがあるの~♪

なんと!告白した相手と同じ高校だったのよぉ~♪

モーモー

恋には撃沈な優子だったのねぇ~

 

中学時代の新木さんのお仕事は、2008年に公開された映画『錨を投げろ』で映画デビューと主演デビューを果たしましたが、その後は仕事が少なかったようです。

 

新木優子の高校時代

画像引用元:Googleサーチ

 

上の画像の制服のボタンで「神奈川県立霧が丘高等学校」だということが、バレちゃったようです。

 

高校時代の新木さんは腹筋を毎日100回していたと云われているので、アクティブな高校生時代かと思いきや、読書好きで休み時間を利用して図書室に通っていたとか。

 

高校時代は、ハンドボール部のマネージャーを務めていて、選手のサポートをしていたそうです。

 

新木さんの仕事ですが、高校時代にも余りなく、2009年に放送された『リアル/クローズ』の1話に出演したくらいでした。

そんなパッとしない当時を振り返って、「同世代の方がすごく活躍している時期だったので、どうやったら自分もそういう存在になれるんだろうと苦しんでいました。あの頃は周りを意識しすぎて、自分で自分の首を絞めてしまっていました」とインタビューで胸の内を明かしていました。

 

ぱんちゃん

オーディションに受からない日々が続いたそうよ

 

神奈川県立霧が丘高等学校の偏差値

神奈川県立霧が丘高等学校偏差値は「48」。

これは執筆時の数字で当時の数字ではないことをご了承くださいませ。

 

新木優子の大学時代

画像元:みんなの大学情報

 

「みんなの大学情報」によれば、新木優子さんはフェリス女学院大学を卒業しているようです。

ですので、新木優子さんは、フェリス女学院大学・文学部・英語英米文学科へ入学し、ご卒業されていることになりますね!

 

新木さんの仕事ですが、「大学卒業までの4年間をリミットとして、結果が出なければ芸能界を辞める」と考えていたそうですが、2014年ににファッション雑誌『non-no』の専属モデルになれたことから次々と仕事が来るようになりました。

そして、2015年に結婚情報誌『ゼクシィ』の8代目CMガールに抜擢され、注目を浴びたことでブレイクしました。

 

新木優子の最終学歴は大卒

 

どこの大学をご卒業したかは、本人からの告知がないので、確定しかねますが、大学は卒業しているとご自身のインスタで明らかにしているので、新木優子さんの学歴は大卒になりますね♪

 

生い立ちの一部参考元:sanspo・高校生新聞ONLINE・他

 

新木優子の家族構成と家族

 

ここでは新木優子さんの家族構成とご家族についてお伝えしようと調べましたが、ご家族は一般人になるので、情報はないことを始めにお伝えいたします。

 

新木優子の家族構成

 

 

新木優子さんは5人家族で、父・母・兄・優子・妹の構成だそうです。

 

新木優子の家族

 

父親

こんなツイートを見つけました。

新木さんの父親は大学の教授とのこと。

 

後、新木さんのご両親は「幸福の科学」の信者と云われています。

 

ぱんちゃん

結構な時間を割いて調べてみたけど、ご家族の情報が全然ないって言っていいほどなかったわ(T_T)

 

 

新木優子の結婚相手

 

 

現時点での結論から申しますと、新木優子さんはご結婚はしていませんし、独身です。

 

ぱんちゃん

「新木優子」って検索をしたら「結婚」のキーワードが何故出てくるの?

モーモー

それはねぇ、似ている方に間違えられているのよ。

以下の説明で納得すると思うわ♪

 

まず、新木優子さんが間違われたのは、新川 優愛(しんかわ ゆあ)さん。

新川さんはロケバスの運転手さんに積極的にアプローチをした甲斐があって、ご結婚に至り、発表がありました。

相手の方は「色黒で長身、9歳上のイケメン男性」と云われています。

 

では、何故間違われたのでしょうか?

 

新木優子と新川優愛が間違われるポイントは2つ

 

1:名前が似ている

新木優子」と「新川優愛」の名前を並べると「」と「」の2文字が同じなので、パッと見間違える可能性がある。

2:ファッション誌「non-no」の専属モデルを2人ともしている

 

このことから、新木優子さんがご結婚したと間違われたと思いました。

 

ぱんちゃん

このお二人って、「同じ年」に生まれ。「同じ月」に生まれているのよねぇ~。

 

新木優子と宗教

 

ご両親と新木優子さんは幸福の科学の信者だと云う事を2017年に週刊新潮で報じられました。

新木優子さんの自身は幸福の科学に入って20年以上が経つそうで、新木さん所属の事務所が認めたとか。

 

この記事の宗教について一部参考元:dailyshinchotokyo-sports

 

 

 

ドラマ「セイレーンの懺悔」女性キャスト関連記事

高梨臨の生い立ちや家族構成は?実家と現在をエピソードを交えて紹介!

 

 

新木優子のプロフィールと同事務所の俳優

 

新木優子のプロフィール

芸名:新木優子(あらき ゆうこ)

本名:石井優子(いしい ゆうこ)

誕生日:1993年12月15日

出身:東京都板橋区(小学校~高校まで神奈川県)

身長:165cm

血液型:A型

趣味:読書・動画編集

座右の銘:「過去は運命、未来は可能性」

事務所:スターダストプロモーション

 

新木優子と同事務所の俳優

新木優子さんの所属している事務所は、スターダストプロモーション。

この事務所にどんな俳優がいるのでしょうか?

 

北川景子

 

小松菜奈

 

 

岡田将生

 

山﨑賢人

 

私でも知っている俳優の方々ズラ~っと所属している事務所だと思いました。

Wikipediaでこの事務所を調べたとき、「有名人祭りかっ!!」と思う程、ゴージャスなアーティストだったわ♡

 

おわりに

今回は、新木優子さんのエピソードを交えた生い立ちなどをお伝えしました。

私が印象に残っていることは、新木さんの芸歴が長いことが意外でした。

「ポッと出て来てブレイクした芸能人」と思っていたからなんです。

 

これからも応援しています♪

最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございます。

 

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あんび

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。