高畑充希の生い立ちと家族構成は?出身校やエピソードを交えて紹介!

Sponsored Links








こんにちは!(2021年4月・6月追記がございます)

今回は、歌も上手い女優の一人、高畑充希さんの生い立ちや家族について調べてみました。

高畑さんって、社長令嬢で恵まれた環境にお育ちになのに、もの凄い努力家だったってことが分かりました♪

ご家族も素敵で、高畑さんがいなくても彼女のご友人だけで高畑にお邪魔することもあるとか♡

高畑さん曰く、「実家は憩いの場」だそうで、夏はテラスでBBQをしているそうです。

そんな高畑さんだからこそ魅力的に映るのかもしれませんね・・・。

素敵で魅力的な高畑さんのことを綴って参りますので、よろしければ最後までお付き合いくださいませ♪

参考元:文春オンライン・Yahoo!ニュース2021年8月21日配信

 

高畑充希の生い立ちと出身校

出典:https://twitter.com/jr1k0lv1phsr

高畑家のルールで「ご飯は残さず食べること!」が一つあるそうで、今でもそのルールを守っている高畑さん。

親に指摘されるまで普通だと思っていたことがあって、洗顔の際は右手だけを使うことだったとか。

それでは、高畑さんのことを綴って参りますね♪

 

高畑充希の幼児期~小学時代

出典:https://twitter.com/inomama2

高畑充希の出身小学校:東大阪市立永和小学校

※東大阪市立永和小学校は2016年に閉校

高畑さんの幼稚園時代から小学3年生までの習い事の一つは習字で、幼い頃は読書好きの大人しい一人っ子だったそうです。

誕生日やクリスマスにもらうプレゼントで、読みたい本を買える図書券をもらうのが嬉しかったみたい♪

 

ご両親は舞台好きで、年に3〜4本舞台を高畑さんは一緒い観たいたそうで、その影響からか物心ついた頃には舞台女優に憧れていて、8歳の時に観た「奇跡の人」に強い衝撃を受けたとか。

観た舞台の歌や台詞を覚えて、親の前でひとりミュージカルをやっていたこともある高畑さんでした。

舞台に立ちたくて、小学校低学年時代からオーディションを受けていたそうですが、落選ばかり。

そんな様子を見ていたお母さんから「早稲田大学の演劇研究会に入りなさい」と言われ、早稲田に入ることを決心したとか。

早稲田に入るための中学校で、関西の難関校の一つと云われている四天王寺中学校を受験するために進学塾に通い出した高畑さんでした。

 

にわとりちゃん

学校は1年から6年まで各学年1クラスの少人数で、男子とサッカーをしたりしていたそう。

さちゃん

この頃から、何かに集中すると周りが見えなくなる癖が出てくるようになり、学校で読書に集中して気が付いたら真っ暗だったとか!

 

高畑充希の中学時代

出典:みんなの中学情報

 

高畑充希の出身中学校:四天王寺中学校

偏差値56-67(執筆時)

 

難関校と云われている四天王寺中学校に見事に合格をした高畑さん。

ここは規律が厳しい女子校だったそうで、校則を違反したら写経をしなければいかなかったとか。

高畑さんの人生で「一番勉強したのは中学受験のときだった」と朝日新聞デジタルで当時を振り返って語っていたそうな。

難関校に進学したとたんにオーディションに合格!

舞台「プレイバックpart2 屋上の天使」の主演に選ばれたのでした。

いつもならお母さんが一緒についてきてくれるハズが、その日に限って法事と重なったため、そのオーディションに一人で上京した高畑さんでした。

オーディションでは「今日初めて一人で東京に来たので、到着しただけで満足です。」と答えたとのこと。

 

部活は、軽音部に所属していて、担当はボーカル。

Wikipediaによると、日本全国の高校・中学校による軽音楽系のクラブコンテストであるスニーカーエイジのグランプリ大会にも出場経験があるとか。

 

にわとりちゃん

ジャンケンで負けたからボーカル担当になったそうよ♪

さちゃん

本当は、ベースをやりたかったのよね!

 

高畑充希の中学校時代のこぼれ話

この学校でも大人気だったそうで、高畑さんが音楽室に移動するときには廊下に人の列ができた逸話が!!

そんな人気者の高畑さんは同棲から告白をされていたそう。

高畑さんの返事は、決まって「ごめんね。20歳までは舞台の中でしか恋愛をしないって決めてるの」だったそうです。

 

この学校時代を振り返って「入ったのはいいけど、勉強についていけなくなっちゃって。自分にとって勉強は、舞台女優になるために選択肢のひとつだったし、どんどん舞台のお仕事に魅せられていって。勉強がついていけなくなるのは当然でした。」と当時を振り返って語っていた高畑さんでした。

 

中高一貫校に進学をした高畑さんですが、中学卒業を機に上京することに決めていたようです。

 

高畑充希の高校時代

出典:みんなの高校情報

 

高畑充希の出身高校:八雲学園高等学校

偏差値55(執筆時)

高畑さんの進学先は、堀越高等学校・四天王子高校なども云われていますが、「八雲学園高等学校」かと思いまして、ここでは「八雲学園高等学校」で進めて参ります。

その理由なのですが、トークバラエティ番組「しゃべくり007」にご出演した際に「私は女子校だったので……」とお話をされています。

Wikipediaによると、堀越高等学校は、1957年から共学になっているようですので、高畑さんが進学された高校ではないと判断しました。

四天王寺高等学校は女子校でですが、「高畑さんは高校進学と共に上京した」ことを考えると、この高校でもないと判断し、「みんなの高校情報」にでは八雲学園高校にも高畑さんのお名前が記載されていて、八雲学園は2018年から共学になったことを考えると、高畑さんが2007年に高校に入学した時は「女子校だったことになりますし、Twitterで「高畑充希」+「八雲」で検索すると高畑さんが卒業生であることがツイートされていました。

そのことにより高畑さんは八雲学園をご卒業されたと判断しました。

※四天王子高校ではないことが2021年4月6日の文春オンラインで分かりましたので、追記いたします。

高畑さんの母校になる高校のエピソードを少々紹介いたしますね♪

 

2007年高校進学のタイミングで上京した高畑さんですが、舞台「ピーターパン」に出演していたことから、学校では居眠りをしていたそうです。

居眠りでもひどいのが、登校してから席に着くとすぐ寝てしまい、気が付いた時は放課後だったことも!!

高畑さんは、舞台「ピーターパン」を8代目ピーターパンとして6年間出演していますが、3時間公演を1日2回するので、体力的にとてもきつかったとのこと。

毎年夏の公演だったため、高校時代の3年間は夏休みもなく高校時代を謳歌できなかったそうですが、舞台の宙吊りシーンは実際に飛んでいる感覚で気持ちが良く、そのシーンが大好きだったと当時を振り返ってお話をされているようです。

 

にわとりちゃん

校則違反の短いスカートをはいてよく先生に怒られた高畑さんですが、当時の彼女は「校則って本当に意味が分からない」と思っていたようよ。

さちゃん

それ解るわぁ~。

高校時代の住まいは寮だそうよ♪

 

高畑充希の大学時代

 

高畑充希の出身大学:法政大学

偏差値60(執筆時)

高畑さんの母校になる大学は、法政大学でキャリアデザイン学部へ入学しました。

高畑さんは、写真サークルに入ったり、合宿に行ったり、お花見したり、飲み会したり、大学生らしいことは一通りしてご卒業したとか。

大学入学時から一人暮らしを始めたそうで、大学に進学した理由は、13歳から芸能活動をしていたため、芸能界以外の人と触れ合う機会が欲しかったからだそう。

多忙な高畑さんはすんなり卒業をしていなくて、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』の出演が決まったため1年間休学しての卒業になったそうですよ。

そんな高畑さんの成績は優秀で、高畑さん曰く、「手が痛くなるくらい小論文の勉強をした」とのこと。

 

高畑充希の学歴

高畑さんの最終学歴は大卒になるかと思います。

 

くまこちゃん

次からのページは、高畑充希さんの「ご家族」について→高畑充希さんと「似ている有名人」などを紹介しています♪

 

高畑充希の過去の作品や話題の作品を観るなら、U-NEXTの無料トライアルで!!

 

登録も解約も超簡単!

 

ちゃちゃと登録して、31日間で観たいあれこれを観ちゃって解約してもOK!

詳しくは ↓ で確認してね♪

 

ドラマ観るなら<U-NEXT>

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。