石川祐希は何故イタリアにこだわるのか?きっかけや影響を与えた選手は誰?

Sponsored Links








石川祐希選手がイタリアばかりでプレーをするのか?イタリアにこだわっているのか?ナゼを解決できそうでしたので、ここでお伝えすることにしました。

それとそのきっかけとなった選手もお伝えしています。

その他、石川祐希選手がイタリアのパドヴァで生活をしていた様子等も画像と合わせてお伝えしていますので、最後までお付き合い頂けたらと思います♪

今回の参考元:https://youtu.be/pKcVb10GfXQ と https://youtu.be/zu_2ts4JFSw

 

石川祐希は何故イタリアにこだわるのか?


石川選手がイタリアにこだわるのは、石川選手が世界一のプレーヤーになることを目標にしているからだそうです。

夢は世界一を取ることですし、そういうプレーヤーになることなので、まだまだ道は長いと思いますけど、兎に角今は、どれだけ自分を高められるかを考えてシーズンを過ごして行きたいと思います。」とインタビューに答えていた石川選手で、あえて険しい道に進のは、世界のトッププレーヤーなることは夢ではなく、目標と決めたからでした。

それを目標にしたのにはきっかけがあり、石川選手に影響を与えた選手がいました。

 

石川祐希がイタリアにこだわるきっかけになったのはリオ五輪

きっかけになったのは、2016年の男子バレーボールでの決勝・ブラジルxイタリアでした。

日本は最終予選で敗れたため、そのリオのオリンピックには出場できませんでしたが、観るのも勉強だと思った石川選手は、リオの会場に行ってスタンドからブラジルxイタリアの試合を観ていたそうです。

その試合が石川選手がイタリアへ行くことを決め、イタリアにこだわることになったのでした。

 

石川祐希に影響を与えた選手はイバン・ザイツェフ

石川選手に影響を与えたのは、イタリア代表のアタッカー・イバン・ザイツェフ(Ivan Zaytsev)選手でした。

エースの存在感で圧倒したザイツェフ選手は、その決勝戦でイタリアを銀メダルに導いたとのことでした。

「どこの国のチームも目の色を変えてやる大会で、あれだけのパフォーマンスをするというところが、
非常に印象的だったので、ザイツェフ選手のような環境でプレーしたいなと感じました。」

石川選手は、上記のように思い、ザイツェフ選手に影響を与えられ、イタリアでプレーすることを決めたようです。

 

当時の石川選手は20歳で、リオ・デ・ジャネイロオリンピックの敗北は、相当悔しかったようで、「あの悔しかった日があるから、強くなれた」と『FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!』で、当時の石川選手のことが放送され、その放送で、石川選手は「今の実力ではほど遠いですけど、絶対・・・(オリンピックのコートに)立ちたいと思います。」と強く思った胸の内を話していました。

 

石川祐希がイタリアで得たもの


石川選手は、リオ五輪の後イタリアへ旅立ち、その時に「変らないと今のままだと思いますし、変えるなら今しかないと思っているので。」とインタビューに答えていました。

イタリアに行ってから石川選手がしたことや得たことは、

肉体改造

石川選手は、肉体改造をしていて、2016年から2019年の3年の間に、74㎏から84㎏・10㎏体重を増やしました

 

自炊

食事を見直して、外食を栄養バランスぱっちりで自炊するようにしました。

栄養士に指導を受けながら、苦手だったトマトも克服しました。

その結果、精神的にたくましくなった石川選手。

 

狡猾な頭脳プレー

石川選手の武器は「ジャンプ力」と「ジャンプした時に空中で止まったように見える技」があるのですが、狡猾なプレーをイタリアで学びました。

その成果をワールドカップ2019のイタリア戦で、頭脳的で狡猾なプレーをしてくれました。

それが、石川選手がアタックするように見せて、西田有志選手にトスを上げアタックさせたプレーでした。

 

覚えていますか?

 

その素晴らしいプレーがYouTubeにありました♪

2:56当たりから石川選手の素晴らしいプレーをご覧頂けます。

 

記事もよろしかったらどうぞ♪ ↓

石川祐希ワールドカップ2019のイタリア戦関連記事

石川祐希のプロフィールは?家族構成(父・母・姉妹)も調査した!

 

以下では、石川選手のイタリアでの生活をお伝えします。

 

石川祐希のイタリア生活

石川祐希の車はフィアット

石川選手は2019年に車の免許を取ったそうで、パドヴァではフィアットに乗っていました。

石川選手が乗っている車のディーラーは「ceccato autom(チェカートオート)」で、Googleマップでお店の雰囲気などを感じて頂ければと思います♪

石川選手は、車を運転している時間が、良い気晴らしになっているそうで、運転は楽しく好きだとインタビューで答えていました。

そのインタビュー当時の石川選手は、体育館と自宅の往復で、ドライブに出掛けたりなどはしていないとのこと。

 

石川祐希のパドヴァのアパート

5回目のホームタウンになっていた場所はイタリアパドヴァ(Kioene Padova)で、今まで生活をしていた街と比べてパドヴァは「街の中心は賑やかで、人は今までで一番多い」のが印象のようでした。

街が大きいからか生活がしやすいとインタビューに答えていた石川選手。

石川選手の部屋は、とても広く感じ、動画を観ていると日本でいう1LDKかな~と思ったのですが・・・。

 

カラフルでカワイイ外観のアパートという印象を受けました。
特に玄関ドアの大きさが印象に残っています。
玄関ドアが大きかった(*゚∀゚)

石川祐希が意識している食事

 

イタリアで一人暮らしをしている石川選手ですが、海外で自炊生活を続けていたようです。

海外生活が5回目のパドヴァ生活になると、料理をする手際が良くなっていた石川選手。

栄養士と個人契約し、その栄養士からアドバイスを貰い、バランスの取れた食生活を心がけているそうです。

石川選手曰く、料理にこだわりがないので、いかに早く、時間をかけずに栄養をしっかり摂るが大切で、意識しているのが糖質とエネルギー量とのこと。

石川選手は、結構体重の増減が激しく、食べないと体重がすぐ減ってしまう体質なようです。

「パフォーマンスを上げるために筋力をつけたいと思っていて、海外選手と勝負できるぐらいになってくるとまたひとつ違った世界が見えるのかな~と思います。」とインタビューで答えていました。

 

石川祐希が帰国を余儀なくされた2020年4月6日の決定

 

パドヴァの街を歩いていると、ファンから声をかけられて、写真撮影に快く応じていた石川選手。
そんなファンに代謝いて石川選手は、「有り難いですし、少しずつイタリアの方にも知ってもらっていると思う」とインタビューに答えていました。

パドヴァチームで、石川選手は全試合に出場していて、パドヴァのバルドヴィン監督は、

「ユウキは技術的な点では非常に完成されている。
サーブもレシーブも上手いし、優れた攻撃力を持っている」と高い評価を得ていたのに、新コロナウィルスの影響により帰国を余儀なくされたのでした。

 

石川選手は、「この状況は僕自身も初めてですし、非常に心配というか、不安を抱えながらの帰国でした。
今シーズン、リーグが始まってからは、僕のパフォーマンスも高くて、ここからというところだったので、”悔しい”の一言です。
今バレーボールができていない状況に対して、不安というか”このままで大丈夫か?!”というふうに考えたり、そこは不安要素の1つだなと考えています。」

2020年5月11日のインタビューで上記のことをお話されていました。

パドヴァは8勝11敗の7位でシーズンを終え、石川選手は前19試合に出場し、MVPを3度獲得しています。

 

石川祐希・イタリアの経歴

ここでは石川選手が歩んだイタリアでの経歴をサラッとお伝えしています。

2014年からセリエAでプレーをしてきた石川選手。

イタリアでのプレーを決断したのは、石川選手が大学1年生の時(2014年10月)で、それは、10代で海外挑戦は日本人は初めてだったそうですが、全試合スタメン出場ではなかったようです。

石川選手はイタリアでプレーをするに当たって「世界で勝つためには、世界の人たちを知らないといけないと思ったし、
バレーボールプレーヤーとしても人間としても成長できる環境なので・・・。」とインタビューで答えていて、イタリアでの目標は全試合でスタメン出場をすることでした。

大学4年間で3チームを渡り歩き、目標を達成できなかったなど悔しい思いを何度もしてきた石川選手ですが、大学を卒業してからは、プロとなり、プロ1年目となった2018-2019シーズンシエナでプレー。

このチームで、石川選手の目標だった全試合スタメン出場を果たすことになりました

続き、2019/2020シーズンはパッラヴォーロ・パドヴァで全試合スタメン出場を果した石川選手でした。

2019年6月パドヴァ入団会見では
「パドヴァでは、昨シーズンよりも良い結果を求めてて戦っていきたいと思いますし、
自分がチームを引っ張っていけるような選手になりたいと思います。」と語っていた石川選手でしたが、新コロナウィルスの影響により帰国しました。

 

石川祐希イタリアプレーの流れ

石川祐希大学1年:モデナ(2014年12月 – 2015年3月)

石川祐希大学3年生・4年生:ラティーナ(2016年12月 – 2017年4月)

石川祐希プロ1年目:シエナ(2018年/2019シーズン)

石川祐希プロ2年目:パドヴァ(2019/2020シーズン)

石川祐希プロ3年目:パワーバレー・ミラノ(2020-2021シーズン)でプレーすることが発表された。

 

石川祐希パワーバレー・ミラノに所属

 

以下は石川選手の言葉を文章にしたものです。

「僕の目標である世界のトッププレーヤーになるために強くなりたいっていう思いが強いので、
自分の夢を叶えたいという思いで今回こういう決断をさせて頂きました。
東京オリンピックが1年延期になってしまいましたが、位置付けは僕にとっては変らないのですし、
オリンピックで結果を出すためにこの1年・このシーズンしっかり強化して臨んでいきたいと思っています。」

 

 

おわりに

今回、私が参考にしたYouTubeは「裸のアスリートⅡより 世界No.1プレイヤーへ 石川祐希」という番組だったようです。

その番組で石川選手を以下のように紹介していました。

日本バレー界史上最高の逸材の石川選手
全てのスキルが一級品
拾って良し、打って良しの日本が誇る絶対のエースだ!
そんなダイヤモンドの輝きに多くの人が魅了される。
引用元:裸のアスリートⅡより 世界No.1プレイヤーへ 石川祐希

なんか嬉しくて、その通りだと思ってここで紹介させて頂きました。

これからも石川選手を応援して行きます。

お付き合いを頂いて、ありがとうございます。

 

石川祐希SNS

Instagram

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あんび

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。