石川祐希の出身校(小学校から大学)はどこ?偏差値と経歴も調査した

Sponsored Links








今回は、まだ結婚していなく、彼女もいない気配の全日本バレーボール男子で活躍中のイケメンの一人・石川祐希選手にベクトルを向けてみました。

爽やかな笑顔と実力の確かな選手の石川祐希選手が、この未来に更にブレイクすること間違いなし!と思っています。
あの笑顔を見ると、あの笑顔から見えるきれいな歯並びを見ると、素敵すぎてクラ~っとしてしまいます。

過去にケガで悩まされた石川選手。
そんな石川選手が、どの対戦にも怪我なくご活躍をしてほしいと思っている私です。

石川祐希の出身校(小学校から大学)はどこ?偏差値と経歴も調査した」と題しましたが、その他に、「石川祐希・イタリアでの生活」「石川祐希MVに出演」「石川祐希の知られざる挫折」「ワールドカップバレー2019での活躍」などあの爽やか笑顔のイケメン石川祐希選手を紹介したいと思います。

 

Sponsored Links

 

石川祐希の出身校(小学校から大学)と偏差値


出身小学校:岡崎市立矢作南小学校・・・2013年時点の児童数は850名

出身中学校:岡崎市立矢作中学校・・・2013年時点の生徒数は782名。通常学級24クラス・特別支援学級3クラス

この出身の有名人:岡村孝子・・・シンガーソングライターで、元あみんのメンバー

出身高校:星城高等学校(卒業2014年)
偏差値:37 – 62
※普通科仰星コース(62)/ 普通科特進コース(55)/ 普通科普通コース(44)/ 普通科アスリート特進コース(37)

出身大学:中央大学(2014年 – 2018年)法学部
法学部偏差値: 62.5

 

石川祐希選手は中央大学法学部政治学科ですが、この学科はスポーツ選抜も行ってるのでスポ推の可能性が高いです。
出身校は星城高校ですが、関西学院大、立命館大などに合格者を出しており偏差値は55前後です。
実際には一般で入った可能性もありますが、石川選手はスポーツでの可能性が高いです。

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10150787005

ネット上で見つけたので、こんなお声もあるということで、紹介しています。

 

高校生の頃から絶対的エースの役割を果たしていた石川祐希選手でしたが、プレッシャーはなかったのでしょうか?

 

公式戦で負けていなく、99連勝というすごい記録を持っているのをご存じですか?

 

それで、プレッシャーはないのかな?と思ったのです。

トレーニングは毎日していると思いますが、一体何年間しているのでしょう・・・
「今日はお腹が痛いからトレーニングはや~らない!」なんてことはないのでしょうね。

すごいな~。素直にすごいっと思っています。

 

石川祐希の経歴はすごい

 


引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-f9Eqy_xi9I
※小学生の石川選手

小学校時代

■地元愛知県の岡崎市立矢作南小学校に入学

小学4年生の頃に姉の影響でバレーを始める
4年生でバレー開始1年目にしてベンチ入り

身長は156㎝ぐらいでした。
初日の試合で、いきなりスパイクを決め、周囲を驚かした石川選手でした。

この小学校時のバレーチームはレベルが強く、全国大会とか上のステージを見てきたため、バレーボールにのめり込んでいったと、テレビのインタビューで答えていました。

 

中学校時代

岡崎市立矢作中学校入学(バレー強豪校)

愛知県選抜のレギュラーで活躍する
全国大会で準優勝
2010年 全国都道府県対抗中学バレーボール大会優秀選手に選ばれる

 

 

 

高校時代

星城高校(愛知県のバレー強豪校)

愛知県選抜のレギュラーメンバーと共に同高校に進学をした。

1年:エーススパイカーとしての道を歩み始める

2年:エースとして成長
※インターハイ、国体、選手権の3冠を達成した
・インターハイではベスト6と優秀選手に選出される
・春高では最優秀選手に選出される
・全日本ユース代表にも選ばれる

3年:キャプテンなる
・2年連続の3冠を達成という偉業を成し遂げる
・インターハイでベスト6と優秀選手に選出される
・春高では最優秀選手に選出された

高2~高3の2年間で公式戦99連勝という記録保持者

 

※高校3大大会
・全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)
・全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ)
・国民体育大会バレーボール競技(国体)

 

星城高校の竹内裕幸監督が、高校時代の石川選手のことを”何事にも視野が広く、バレーボールに対する向上心がストイックでした。
優しく柔らかく細い印象の入学式からたくましさと柔軟性、リーダーシップのとれる卒業式と大きく成長し、伸びしろが十分に残った楽しみな門出でした。”と石川選手のことを思い出しながら語っていたそうです。

高校時代から視野が広いなんて!!・・・やっぱり凄い人は違うな~と思いました。

石川選手の美しいフォーム(スパイク時)が安定したのはこの頃だとテレビでお話をされていました。
柳田将洋選手のフォームがキレイだと思っていた石川選手は、柳田選手のフォームを参考にしていたそうです。

 

大学時代

中央大学に進学

開幕からスタメンとして活躍

2014年5月に全日本代表入りを果たす

・2014年12月~2015年3月まで
※1:イタリアバレーボールクラブ・セリエA「パッラヴォーロ・モデナ」期限付きで移籍
・2016年12月~2017年4月
イタリアバレーボールリーグ・セリエA「トップバレー・ラティーナ」に短期派遣
・2018年3月大学を卒業する

 

※1:当時、海外でプレーするとは考えていなかった石川選手でしたが、声をかけてもらったことにより、世界のトップでプレーをしてみたくなり、その場でイタリアへ行く返事をしたそうです。
イタリア語は辞書で学んでいるとのこと。

 

大学卒業後

■プロバレーボーラの道に進む

Vリーグのチームには所属せず、プロバレーボーラとして活躍をすることにした
・2018年イタリア・セリエA「エマ・ヴィラ・シエナ」で2018/19シーズンプレー
・2019年イタリア「パッラヴォーロ・パドヴァ」で2019/2020シーズンプレー

 

石川祐希・イタリアでの生活

買い物は休日に行くのですが、イタリアでも有名人になってしまっているようで、声を掛けられることが多いようです。

料理は、ある程度やり方さえ分かれば簡単に出来るようになったと言う石川選手で、栄養士にも習ったことでより簡単にできるようになったとのことでした。
ですが、1年目はほとんど外食で、野菜の摂取が少なく栄養が偏っていました。
そこで2018年から栄養士の指導を受け、自炊をするようになったのが料理をするきっかけでした。

1日の摂取カロリーの目安は5000キロカロリーで、肉、野菜、デザートとご飯のバランスの取れた食事。
苦手だったコーヒーを飲めるようになり、ちょっと大人になった石川選手のようです。

イタリアでの自宅は、練習所から車で15分のところにあるマンションに住んでいます。

部屋は、家具付きの1LDKで、必要最低限の物だけを置いて、石川選手の性格が出ているのか、整理整頓された石川選手の部屋がテレビ画面に映っていました。

 

イタリアの女性は情熱的にくるらしく、慣れていないこともあり、困っている石川選手でしたが、イタリアで始めたことがあって、それは「ウインク」。

イタリアで「ウインク」されたら「ウインク」で返していたら、日本に帰ってきてもやってしまうそうですよ。

私たちファンにしたら・・・喜んで!!!

※情熱の鼓動より

 

石川祐希MVに出演

2017年:ポルノグラフィティ「キング&クイーン」

 

輝かしい経歴をお持ちの石川祐希選手ですね!

あ~溜息が出てしまいます。

 

プロバレーボーラーになった石川祐希選手ですが、柳田将洋選手が実験台になっているとのこと・・・(笑)

柳田将洋選手と石川祐希選手が一緒にインタビューを受けていた時に、冗談でそんな話が飛びだしていました。

仲がいいな~

石川祐希選手にとって、柳田将洋選手がプロとして先を進んでいるので、柳田選手を通して色々考えられるっと答えたものだから、
それに対して、柳田選手が「俺は実験台かよ!」っと笑っていっていたのでした。

ホント仲が良いお二人ですね!

 

 

石川祐希の知られざる挫折


引用元:https://www.youtube.com/watch?v=D231wUh54NM&t=2s

 

石川祐希の挫折:中学時代

中学1年生の頃の身長は160㎝。

身長の低さを補うため、自ら練習法を編み出し、コートに(折りたたみ)椅子を置いて、スパイクで打ち抜く方法でした。

この方法をひたすら繰り返した石川選手。
この練習がスパイクのコースの打ち分ける技術を身につけることとなり結果オーライなのですが、石川選手の記憶の中では挫折を味わった時期だそうです。

石川祐希の挫折:大学時代

18歳の時に海外移籍した時。
モデナバレーにとりあえず行ってみようと思って行ってみたが・・・
モデナに行って試合に出られなくなり、苦しい、悔しい思いをした3ヶ月の短期移籍。
この3ヶ月で15試合中スタメンが2試合得点は28点でした。

それプラス、言葉の壁があり、意思疎通ができないもどかしさも重なった石川選手。

ですが、イタリア短期移籍で思ったことがありました。

「思っているよりもそこまでだな」でした。
世界最高峰リーグで通用する手応えを感じ、この経験で「世界のトップになる」気持ちが強まった石川選手でした。

イタリアリーグに参戦する意義とは、いろんな国の選手が参戦しているので、ぶつかり合ってもしっかり各選手たちが結果を出しているところが日本と違う
自分が生き残るために結果を出していることを肌で感じているとのことでした。

 

 

石川祐希のワールドカップバレー2019での活躍

この動画は、2019年10月1日に開催されたワールドカップバレーのものです。

対戦国はイタリアで31年ぶりに日本がイタリアにストレート勝ちをしたものです。

「日本最高の逸材・世界が恐れる絶対的エース」と紹介されていました。

2セット目の石川選手と西田選手のプレーは、驚きを隠せないくらいの素晴らし連携プレーがご覧いただけますよ!!

石川選手のトスに西田選手が迷わずスパイクする様を是非、ご覧いただけたらと思います。

鳥肌が立ってしまいました!!

 

このワールドカップバレー2019で、石川選手は「石川祐希 2ndベストアウトサイドスパイカー賞」を受賞しました!

 

 

おわりに

今回は、「石川祐希の出身校(小学校から大学)はどこ?偏差値と経歴も調査した」と題しまして、その他にも画像や動画を取り入れて「石川祐希・イタリアでの生活」「石川祐希MVに出演」「石川祐希の知られざる挫折」「ワールドカップバレー2019での活躍」などを紹介をして参りました。
文字より可視化できた方が、石川祐希選手のことが分かりやすいと思ったからでした。

調べれば、調べるほどバレーボールをするために生まれてきたような石川祐希選手だと思いました。

そして、あの人懐っこくて、爽やかな笑顔は、人を魅了する力があると思ってしまいます。

 

バレーボール以外で目立つことを望んでない石川祐希選手だそうですが、あの存在だけで輝き目立っていますよね!

オーラがあるというか・・・・

 

石川祐希選手と結婚したいと思う方は多いだろうな~とふと思ってしまいました(笑)

これからもご活躍を期待まんまんにしている私ですが、けがや事故だけは避けてね!と思っている私です。

最後までお付き合いを頂きまして、ありがとうございます!

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あんび

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。