おっぱいの日にフラッシュモブ?TwitterやSNSの反応は?

Sponsored Links








こんにちは!あんびです。

今回は、8月1日は何の日がご存知ですか?

8月1日は、おっぱいの日だったんです。

 

8(ぱ)1(い)または08(おっぱ)01(い)の語呂合わせとしてこう呼ばれる。

特に2011年08月01日100年に一度「いいおっぱいの日」であった。
30年後の2041年08月01日「よいおっぱいの日」である。

引用元:https://dic.pixiv.net/a/%E3%81%8A%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%84%E3%81%AE%E6%97%A5

 

このおっぱいの日に「おっぱいフラッシュモブ」が開催されました。
このニュースを知った時は「時代がかわったなっ!」と私ことあんびおばちゃんは思ったのです。

「授乳しながらどうするんだろう?」とか「おっぱいフラッシュモブ」を見た人はどう感じだろうと思いまして、
今回「おっぱいの日にフラッシュモブ?TwitterやSNSの反応は?」と題しまして、紹介したいと思いました。

それでは、参りますね。

Sponsored Links

おっぱいの日にフラッシュモブ?Twitter反応は?

 

その他のツイートは、

きもちわるい

たのちかった!おっぱい大きかった

・モヤモヤしか残らんぞ……( ˙-˙ )

えっ、どういうこと!?

 

Twitterでは、厳しいお声が目立ちました。
女性だけの意見ではなく、男性の正直な声の発信は開催側にとっても参考になるのではないかと思いました。

 

おっぱいの日にフラッシュモブ?SNSの反応は?

 

・モラハラを通り越してモラテロに近い

・授乳は恥じるものではないけれど見せつけるものではないと思います

・母乳育児が出来ないことで後ろめたさを感じてる女性や、妊娠を望みながら叶わない女性など、授乳の姿を目にすることで傷つく方もいます。
単にその姿を不快に思う方もいます。
主張すればいいというものではないように思います。

・個人がやる分にはいいと思うけど、イベントとしてやるならアウトだと思うよ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190802-00010003-tvtplus-life

 

その他のお声は、

引く」「わざわざアピールすることではない」「暑い中、赤ちゃんが心配

 

SNSのお声でも厳しいお声が多かったです。

私の過去の話ですが、元夫の前や母の前では授乳をしていましたが、その他の人の前ではしていませんでした。
何故なら、人に授乳しているところを見られるのに抵抗があったからです。

私も、人が授乳してたら、その姿を瞬間に目にしても、次の瞬間に目をそらしていました。

授乳は大切だけど、イベントとなるとどうなのかな~と思ってしまいました。

そう思うと、厳しいお声が多いのは致し方ないのかもしれませんね。
開催側もそれを想定していたと思います。

おっぱいの日にフラッシュモブ?なぜ開催したの?

 

みんなで集まって授乳をすることで『授乳の多様化について、もっとオープンに話し合おう!』という場を提供したかったとのこと。

今回は母乳の人も粉の人もみんなで集まって、ワイワイと授乳しながら育児の楽しさや悩みを共有できる場を作りたいと思って、このフラッシュモブを開催したんです

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190802-00010003-tvtplus-life&p=2

 

今回の「おっぱいフラッシュモブ」に参加した方々は、子育て中のママが集まる各コミュニティーを通じてこのイベントがあるを知り、参加したそうです。

開催された日:2019年8月1日

開催場所:渋谷駅ホームの目の前にあるカフェ “フライングサーカス”
このフラッシュモブは「おっぱいの日」というイベントの一環でした。

主催:株式会社Bonyu.Lab、電通ビジネスデザインスクエア

 

参加者は、「外で授乳することがなかったから新鮮だった」「楽しかった」など満足していたようです。

※8月1日は「世界母乳の日」。
毎年8月1日~7日までの1週間は、WHO・UNICEFが主導する「世界母乳育児週間」として、世界中で母乳育児を考え、啓蒙するイベントが開催されています。

 

おわりに

今回は、8月1日に開催された「おっぱいフラッシュモブ」について世間のお声を調べました。
題して、「おっぱいの日にフラッシュモブ?TwitterやSNSの反応は?」と順を追って紹介してきましたが、衝撃的なイベントが開催される時代になったなぁ~と思いました。

世間のお声は厳しい感想や思ったことが多く、このイベントを開催するのことについて肯定しても、炎天下でのイベントは、赤ちゃんを心配して否定されていました。

色々な意見や思いがありますが、時代が変わって行くってこんなことなのかなぁと思いました。
私は、この「おっぱいフラッシュモブ」のイベントに対して否定はしませんが、肯定もしません。

今まで生きてきて「えっ?!」って思ったことが今では「当たり前」になっていることが多いからです。

この「おっぱいフラッシュモブ」は来年も開催されるか否か・・・注目したいです。

今回はこれでおわりにしたいと思います。
お付き合いしてくださいまして、ありがとうございます。

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あんび

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。