内藤いづみ医師のプロフィールって?書籍やホスピス学校も気になる

Sponsored Links








こんにちは!あんびです。

今回は、「内藤いづみ医師のプロフィールって?書籍やホスピス学校も気になる」と題しまして、順に紹介いたしたいと思います。

その他、内藤いづみ医師のご家族や夫についても綴って参りますので、最後までお付き合い頂けたら幸いです。

Sponsored Links

内藤いづみのプロフィール

 

 

 

 

生まれ:1956年(昭和31)

出身:山梨県市川三郷町(旧六郷町)

出身大学:福島県立医科大学

内藤いづみ医師は、大学を卒業後に東京女子医大内科等勤務

そして1986年(昭和61年)から英国プリンス・オブ・ウェールズ・ホスピスでボランティアの非常勤医師として研修を受けていました。

日本なら病院のベッドで寝たきりの末期癌の患者たちが、ホームドクターとスペシャリストナース、地域のボランティアに支えられ、自宅で幸せな最期を過ごしているという現実を英国で見た内藤いづみ医師は、自分が目指す医療に出会うことが出来たと思ったそうです。

それからは、日本にもホスビスを広めるための社会的な行動を起こさなくては、もう一度、日本の医療の第一線で働きたいという思いがどんどん強くなったそうです。

内藤いづみ医師は、1991年に帰国して甲府市にの病院に勤め、翌年1992年に「山梨ホスピス研究会」を発足させ、1995年に診療所「ふじ内科クリニック」を開設

クリニックを開設したと同時に在宅ホスピス医の活動もスタートさせました。

 

内藤いづみの書籍の紹介

 

 

 

 

ここでは、内藤いづみい医師の書籍と購入先を紹介しています。

 

■『あした野原に出てみよう 在宅ホスピス医のノートから』オフィス・エム 1997 みみずく叢書

世の中にはこんな医師もいるんだ!と思える本だと思います。

 

■『笑顔で「さよなら」を 在宅ホスピス医の日記から』ベストセラーズ 2002

 

■『あなたを家で看取りたい 安らかで幸せな死を迎えるために』ビジネス社 2003

 

■『「いのち」の話がしたい 内藤いづみ対談集』佼成出版社 2007

 

■『いのちの歳時記 在宅ホスピス医の宝石箱』美川瑛一写真 愛智出版 2012

 

下記の紹介している書籍は、中古にてご購入ができるようですよ。

 

■『最高に幸せな生き方死の迎え方』講談社 2003

■『あなたが、いてくれる。 在宅ホスピス医いのちのメッセージ』佼成出版社 2005

■『最高に幸せな生き方と死の迎え方』オフィスエム 2009

■『しあわせの13粒』まつおかさわこ絵 ひと休み出版 2009

 

 

内藤いづみのホスピス学校とは講演会のこと

 

 

 

 

ホスピス学校とは後援会のことです。

 

今年の10月に開催される後援会を紹介いたしますね。

 

ホスピス講演会 2010年10月23日

タイトルは「宙をみて いのちを想う~オーロラとともに~

日時:2010年10月23日(土)18:00~20:00(開場17:30)

開場:山梨県立科学館 多目的ホール&スペースシアター
甲府市愛宕町358-1 055-254-8151

入場料:500円(高校生以下200円) 大人向けです。

チケット:080-2129-8068 山下様


ホスピス講演会 2010年10月23日の公式チラシはこちらから

 

詳しくは公式ホームページをご覧くださいませ。

公式ホームページはこちらから

 

内藤いづみのテレビ寺子屋での活動

 

 

 

テレビ寺子屋とは、テレビ静岡で放送されている番組です。

ここでは過去に内藤いづみ医師が出演されたのもを紹介していますが、動画などは公開していないようです。

ですが、各放送の概要がテレビ寺子屋の公式サイトに書かれていますので、ご覧になりたい方は下記に紹介していますので、そちらからご覧くださればと思います。

 

・2019年5月12日放送
第2129回「看取るあなたたちへの応援歌」

・2019年4月28日放送
第2127回「二人そろえばコミュニティ」

・2017年3月12日放送
第2024回「種をまく人」

・2017年2月26日放送
第2022回「夢をかなえる」

・2015年11月15日放送
第1960回「いのちの不思議な物語」

・2015年11月1日放送
第1958回「優しさと強さを取り戻す方法」

・2013年12月14日放送
第1867回「あした野原にでてみよう」

・2013年11月30日放送
第1865回「しあわせの13粒」

・2012年2月18日放送
第1775回「笑顔でさようならを」

・2012年2月4日放送
第1773回「人生の宝物」

 

テレビ寺子屋公式サイトはこちらから

 

内藤いづみの夫は英国人で5人家族

内藤いづみ医師は、1985年に学生時代からに知り合ってから文通を続けていた英国人のピーターさんと結婚しました。

この結婚に内藤医師のお母さんから大反対をされましたが、ご自身の結婚相手は「危機に見舞われた時に、その人を信じて一緒に逃げられる人でなければ」と学生時代から思っていたそうです。

そんな方がピーターさんでした。

当時のピーターさんは、石油会社の地質調査官として日本に派遣されていましたが、1986年に英国にある本社に転勤が決まりました。

このことで、「人生を白紙の状態にしてみようという気持ちだったんです」と思った内藤いづみ医師は、ピーターさんと渡英する決心を固めます。

内藤医師が渡英2年目に長男になる第一子を出産

英4年目に長女にとなる第二子を出産し、子育てをしながら、ボランティアの非常勤医師としてホスピスでの研修を続けました。

1991年に一家で帰国し、内藤医師が中学、高校時代を過ごした甲府市に居を構えたました。

そして、1993年には3人目の子供、次女を出産し、5年家族になった内藤医師でした。

 

ここまでは、5人家族になったことをサラッと紹介しましたが、どんなプロポーズを受けたのか、気になり調べてみました(笑)

夫ピーターさんからのプロポーズの言葉は「(スコットランドに)一緒に行ってください」だそうです。

内藤医師は旅行だと思っていたそうですから笑える~。

 

内藤医師とピーターさんの結婚生活は長く続いていますが、結婚で長続きする秘訣は「心の通い合い、お互いの支え合い、そして必要以上に相手に干渉しない、相手を支配しない。相手が大切で、自分の手の中の玉のように大事にしたり、相手を条件つけて息抜きができないぐらい支配したりすると、結婚は長続きしないのではないかと思います。」とのこと。

お互いに自由な時問があり、大事なときは一緒にいる」とてもシンプルな関係だと思います。

これが理想ですね!

 

内藤いづみ医師のご両親のことをちっとだけ触れますと、元教師だったそうですが、その教師を辞め商売をされたそうですよ。

朝から晩まで働いていて、内藤医師は自分だけテレビを観たら申し訳ないと思っていたお子様だったそうです。

 

内藤いづみからの情報発信はTwitterとブログ

内藤医師が発信しているのもでTwitterとブログがあります。

 

Twitter

ブログ「今日のつぶやき」

 

ブログの「今日のつぶやき」はふじ内科クリニックの公式サイト内にありまして、クリニックの案内の他に

・講演告知

・講演報告

・ホスピス記事

・エッセイ

・往復書簡

・季節の写真

・ディア出演情報

などが知ることができますよ!

 

おわりに

今回は、内藤いづみ医師のプロフィール書籍ホスピタリティ学校の紹介の他に、内藤医師の夫やご家族のことを紹介しました。

これからも、益々のご活躍をされることと思っていますし、こんな医師が増えてくれることを望まずにはいられません。

人と真剣に向き合う在宅ホスピス医師こと内藤いづみさんについてのご紹介でした。

最後までお付き合いを頂いて、ありがとうございました。

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あんび

こんにちは! あんびと申します。 犬が好きすぎて数頭のわんこを保護し、 ペット看護師の資格とペットセラピストの資格も取得して、 犬のために生きているような日々を過ごしているおばちゃんです。 こんな私ですが、よろしくお願いします。